CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0−4 対横浜 こっちが最下位でもがくチームの様 | main | 14-5 対広島 勝つときは大勝、負ける時は惜敗は・・・ >>
1-5 対横浜 なんかつまらん、今日この頃
 負けても、追い上げる気迫だとか、新戦力の台頭だとか、負け試合の中に一筋の光明を探してしまうのが、ファンというものだ。

 最下位横浜に3タテを喰らったからといって、その敗戦自体は悔しいが、そういう光明を一筋でも残してくれれば、ファンは元気になる。
 それが、相手のP吉見の安打数より、8回まで少ない安打しか打てず、淡々と試合を進められては、どこに光明を見出せばいい?

 久々のオスギは相変わらず、カウント悪くしてストライクを取りにいく球を痛打される。しかも、いくらバッティングの良いといってもピッチャーの吉見にだ。
 一向に進歩が見られない。
 今日の吉見のように、見下ろして投げれば、活路が開けるよ思うが・・・。

 逆に打撃陣は、相手の吉見に、完璧に見下ろされて、いいようにピッチングをされた。
 なんかプレッシャーでもかけて行く術はなかったんかい!

 4回の1死3塁で金城の場面。
 あそこの前進守備は、どうかと思うよ。
 「もう、1点もやらない。」っていう守備体系は、そもそも今のタイガースの打線にとって、この2点目が致命傷であることを表しているようなものだ。
 相手に、「ここで1点取れれたら、当方は苦しゅうおまんねん」って言ってるようなもんだ。
 3塁ランナーは、しょうがない。逆転できるから、他のランナーを出さんようにしとこう、という鷹揚な構えの方が、相手にはプレッシャーがかかるんと違うかな。
 寅吉的には、あの場面で金城にタイムリーが出た瞬間、今日の結果が見えたと言っていい。

 チーム状態のいい頃には、不思議と1,2点先制されても、いずれ追い上げ、逆転するという雰囲気が漂うもの。
 現在の状態では、そのような感じが全然見えることなく、チョットでも先制されると、諦めのような雰囲気が漂っているように感じる。
 ゲーム差は、思った以上にあるのだから、ドンと構えて、タイガースの野球をすればよろし。
 あたふたして、焦る必要はない。
 ちょっと、躓いたくらいに考えて、うまくリフレッシュしたほうがよい。
 この状態をいかにうまく抜けるかで、チームの力の真価が問われる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。