CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4-3 対広島 8月初の連勝 | main | 五輪 日本の完敗に思う >>
7-4 対広島 秘技、3タテ返し
 不思議なもんやね。
 先の京セラドームで広島に3タテされた時は、「まさか、広島に3つ負けることはないだろう」と思っていたのに負けて、今回の市民球場の3連戦は、タイガースドン底、カープが絶好調。
 加えて、ルイスが復活と、逆に「3タテ喰らうんじゃないか¥と戦々恐々として臨んだはずが、こうして3連勝を飾ることができた。野球っていうのは不思議やねぇ。

 今日も、立ち上がりから大竹を攻め、トリの2ランで先制。
 3回には金本の3ランで5-0と差を広げる。
 ただ、カープも好調だけあって、序盤で5-0と差が付いた試合を何とかゲームにする。
 ワイルドピッチや死球などでいただいたチャンスは、確実のものにして5-3と5回が終わった時点で接線へとゲームの姿を変える。

 これは、下柳から渡辺へとスイッチしたタイガースの隙を付いて、6回には1点差まで迫られる。
 今日の勝因を挙げるとすれば、ここで追い越されなかったことじゃないか。
 江草が前田に1点差に迫られるタイムリーを打たれた後、赤松・東出を討ち取り、よくこのピンチを凌いだ。
 グッドジョブ。

 このところの野口のリードがかなり偏っている気がする。
 矢野が五輪で離脱後、上手くいってないせいか、弱気な安全策なリードに偏ってしまっている。
 本来の野口のリードは、もっと強気で内角を多用するリードだったと思うが、ピンチでのリードが弱気になるのをカープの打者に読みきられ、外角に絞られ、逆方向にはじき返されるというパターンにはまっている。
 今一度、自分の持ち味を思い起こして欲しい。

 さて、楽勝ムードから接線に持ち込まれた今日の試合は、8回登板のアッチが、あわや同点というシーンを、金本の返球と野口の好タッチにより防いだシーンで、流れが再びタイガースへと来た。
 9回は、その流れで桧山の2ベースから、満塁のチャンスを作り、永川からトリが詰まりながらセンター前へはじき返す2点タイムリーがでて決着した。
 この球場でのトリは勝負強いね。
 グッドジョブ。

 さぁ、なんとか3連勝で一息つけた。
 これで安心して、星野ジャパンを応援できるね。
 明日、明後日はオリンピックで燃えるとするか・・・。

 ぐぁんばれ!星野ジャパン
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。