CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0-8 対横浜 最下位にフルボッコで6連敗 | main | 5-3 対広島 産みの苦しみ? >>
3-6 対広島 開き直れ!
 実際、今日は試合を見ていない。
 それでもテキストレベルで試合振りが分かってしまう。
 先制しても、すぐに吐き出す。
 相手は効率よく得点するが、タイガースは無駄が多く、得点に結びつかない。
 こうして連敗は伸びてきた。

 思えば去年も9/19の読売戦で、ボーグルソンの危険球とかあって、3タテし損ねて、止めを刺し損ねたのがきっかけで、悪夢の8連敗が始まり、マジック点灯直前から失速した。
 去年と同じで、先の読売戦で勝ち越せば、完全に止めを刺せたものを、刺し損ねたところから連敗が始まってりる。
 去年の悔しさを思い出せ。
 同じ過ちは繰り返すな。
 ここからが本当の正念場だ。
 もう一度、奮い立て!猛虎たち。

 さて、新井が離脱してからの噛み合わせの悪さが、ここ失速の原因かとも思うが・・・・、何故セッキーを3番に据えないのだろうか。
 左が続く上位打線で、新井は右打者としてのアクセントにもなっていた。
 それを今担えるのはセッキー以外にいないでしょ。
 1番から3番までの繋ぎができるのも良い。
 赤星か平野が出れば、2番の役割も果たすことができる。
 そうして、5番に林と桜井をPによって使い分け、6番に鳥谷。7番も光と葛城をPによって使い分け、8番にキャッチャー。
 これが一番繋がるんじゃないの?

 トリも6番で生き返るだろうし、葛城や光も7番なら怖い打者でしょ。
 そうそう、葛城も1回、初球を思い切り叩いてみれば。
 初球を見逃すと完全に思われて、カウントを取られすぎだよね。1回でも初球を叩くと、相手は警戒するもんだよ。
 試してミソ。

 ここまできたら、四の五の言ってもしょうがない。
 「勝ちたいんや!」の思いが強い方が勝つ。
 ここ数年の悔しさを胸に、最後の力を振り絞れ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。