CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5-3 対広島 産みの苦しみ? | main | 3x‐2 対東京ヤクルト 元祖・必死のパッチ >>
2-5 対広島 嘆くばかりじゃ始まらない
 なんでタイガースは、いい当たりがみんな野手の正面で、カープはドン詰まりだったり、当たりそこないが、野手のいないところに落ちるのか?
 そんなことを嘆きたくなるような試合。

 6回の無死満塁でも、金本、鳥谷、関本全部いい当たりだったのにすべてアウトで得点は1点しか挙げられなかった。
 挙句、初白星をと金村を次の打順まで続投と引っ張れば(中継ぎが不足している事情があるのもあるけで・・・)、Pの前田健にヒットを打たれ、東出にポテンでチャンスを広げられる。
 ほんとうなら、勝ち運がない金村をここで見切るべきだが、やはり次に打順が回るしと続投させる。
 
 天谷にヒットで、1死満塁。
 ここでアレックスを注文どおりにショートゴロに打ち取ったはずが、トスを焦るトリのグラブから、ボールがこぼれる。
 それが、ベースに入った平野の前にこぼれたから、ラッキーと思ったところ、これを拾いセカンドで封殺をとった後の1塁送球が暴投となり、2点を追加される。
 これで完全に金村に見切りをつけざる得なくなり、渡辺にスイッチ。
 渡辺が、栗原にタイムリー(金本が飛び込むが取れず、ツーベースに)で4点差とされジ・エンド。

 アレックスでピンチを凌いで、1点差のまま7回へと思った矢先の2失点だけにショックは大きい。
 7回に渡辺の代打にでたミツッちゃんにHRが出ただけになお更だ。
 これで、広島戦を負け越し。この6連戦は、1勝4敗1中止となったわけだ。
 
 今日の試合を、運・不運で片付けてはいけない。
 なんで、カープの打球が、当たりが悪くてもヒットになり、タイガースの打球が当たりがいいのにアウトになるのか・・・・・。
 カープの打者は、しっかり振り切る。
 打つと決めたボールは、しっかり叩く。
 それが詰まっても、人のいないところに落ちることになる。
 反して、タイガースは、しっかりミートしようとする。
 ミートに主眼を置いているから、芯に当たるが、その勢いのみで打球が放たれる。
 野球って言うのは、いい当たりをするところに、守備を配置しているスポーツなんだ。そういう打球は得てして野手の正面に飛ぶことになっている。
 最後の思い切りというか、潔さみたいなものが、カープに劣っている。
 
 今日で甲子園に戻る。
 今一度、初心に戻り、「勝ちたいんや!」の気持ちを呼び起こし、思い出すといい。
 そうして自分がやらなくてはいけないこと、今やるべきことをしっかり胸に刻んだら、それに向って思い切ればいい。
 そうして、強いタイガースの姿を思い出して欲しい。
 勝負は、ここからだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。