CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< WBCは、清原ジャパンでどう? | main | 2−2 対東京ヤクルト 負けに等しい引き分け >>
5−7 対東京ヤクルト 勝手に勝敗を判断するな!
 遅すぎた教訓かもしれない。
 新井が金本が今岡が鳥谷が打って、5点取った。
 安藤は、頑張って6回を零封だ。
 5−0、最後の6連戦のスタートを、強いタイガースが蘇って飾るはずだった。

 安藤は、次のG戦に中4日で投げさせたい。
 ここは出来るだけ球数を少なく、降板させたい。
 6回を終わって5−0だし、大丈夫今日は勝てる。
 そうベンチの誰もが判断した。
 見ているファンでもそう思ったはずだ。

 そこに大きな落とし穴がある。
 勝敗を勝手に判断すると、それが狂い始めた時に対処できない。
 久保田は、球は悪くなかった。
 ドン詰まりの当たりが野手の頭を越え、人のいないところにポトリと落ちた。どれもが、いや〜な感じがする当たり。
 この辺から微妙に歯車が狂い始める。

 スワローズは、安藤が代わってくれて、ヨッシ!
代わったPが、得意とする久保田で、さらにヨッシ!
 これは、何とかなるかも・・・、一矢報いて完封負けは逃れたい。
 そんな気持ちが、打球を一押しする。
 本来は、詰まって野手のグラブに納まる打球が、野手の頭を越えた。

 こうなると、狂った歯車は、より大きな軋みを生む。
 1死ご代わったウイリアムスが、ゲッツー崩れで1点を失うと、ジェフキラーの川島にあわやの2ベースで、瞬く間に1点差。
 アッチの前倒しの投入。
 これが次の回の攻撃に更なる歪を生む。

 1点差で凌いだタイガースは、次の回1死から四球ででた矢野の後、アッチがそのままバッターボックスへ入らなければならなかった。
 ここまで、ジェフなり久保田が投げていれば、当然代打策が取れた。
 が、これをアッチが送り、赤星が四球で、2死1,2塁。
 ここで平野に代打桧山。
 ここで桧山を使わなくてはならないシュチュエーション。
 本来、アッチに代打で使いたいところ、ここまで使わなくてはならなかった。コントーロールに苦しむ、サイドハンドの木田には平野の方が良かったかもしれない。セーフティという武器で新井に繋ぐことも考えられる。
 その桧山がボール球を振って三振。
 逆転負けへとの道筋がついてしまった。

 こういう流れになるともう球児でも止められなかった。
 唯一の策は、アッチに代打を出し、8回頭から球児を投入することだった。
 「勝てる」という緩んだ意識から、「負けられない」という追い込まれた意識に陥った流れを、「絶対に勝つ」という意識に変えるのは、8回頭からの球児投入でしかないと思ったのだけど・・・・。

 しかし、痛すぎる敗戦だ。
 ただ、これで終わったわけじゃない。
 残り試合をすべて勝つことで、まだタイガースは優勝の望みが残る。
 今日の敗戦を、遅すぎた教訓にすることなく、残り7試合を必死に勝ちにいけ。
 それでこそ、それでしか道は開けない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。