CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2−2 対東京ヤクルト 負けに等しい引き分け | main | 1−3 対東京ヤクルト タンタン、タイガース >>
8−3 対東京ヤクルト 頑バル、ヒロシがラッキーボーイ
 そうか、君だったのか。
 アローム・バルディリス、AB、そしてヒロシ。
 2点差の重苦しい場面で、9回表で、無死3塁から、セッキーが倒れ、新井が見送り三振、金本敬遠と言う、またチャンスを潰してしまうのか、という状況の中。
 
 正直、寅吉はこの場面では、バルに代打で勝負と思った。
 ミッチャンもいれば、葛城もいる。ピッチャーが林だけに左の寅吉一押しラッキーボーイ候補のフジモンだっている。
 9回の裏の守備は、セッキーがサード、フジモンがセカンドで充分やっていける。
 変化球打ちがままならないバル、なれないサイドハンドの林からヒットを打てる確率は限りなく低いと思った。
 ミッチャン、葛城、藤本の方が、確率が高いと思ったんだけど・・・・。

 ごめんな、ヒロシ。
 本当のラッキーボーイっていうのは、そういう絶対的に不利な場面で、誰もが絶望を思う場面で、奇跡を起こす人間をそう呼ぶのだ。
 バルの打球が、外野フェンスをわずかに超えた瞬間に、雨降り止まぬ神宮の空に虹が架かった気がした。
 まだ、まだ、最後まで諦めん。
 そういう希望の虹が架かった。
 そういう虹を架ける事ができるのは、ラッキーボーイの出現でしかない。

 この試合は、石川が好投。
 最初は、石川が6回まで零封して、コールド。
 石川がプロ初完投、初完封で、中継ぎを使わずにこの試合を勝つことで、石川がラッキーボーイとなるかと思った。
 実際、6回の裏をピシャリと抑えれば、ノーヒット・ノーラン(多分6回参考記録)のおまけつきでそうなるところだった。
 それもヒットを許し、2点取られたところで、愛嬌、愛嬌。

 アッチがやはり、足元を気にして、満塁のピンチから押し出しの死球で2点差に迫られると、暗雲が立ち込めた。
 これを払拭したのは、8回からの球児の投入。
 これが、9回のラッキーボーイの出現に繋がったと言っていい。
 しかし、本当は6回でコールドにして欲しかったねぇ。
 あのグランドコンディションで試合続行は、選手の怪我とかに繋がる。
 ピッチャーの手元が滑って、危ない球が行く可能性もある。
 審判団の判断は、しっかりとして欲しい。
 明日も試合は続くのだから・・・・。

 さて、これでまずひとつ。
 直接対決を含め、この6連戦の残り4つは、絶対負けられない。
 ラッキーボーイを生かすためにも、明日もうひとつバルの活躍を期待しとこう。
 あと3つ、死ぬ気で一戦必勝態勢だ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。