CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−3 対読売 伝統の一戦 その5  投了 | main | 4−5 対横浜 もぬけの殻の虎に魂をいれよ! >>
3−4 対横浜 終戦って何が終わったのか?
 06年、球児の涙から、怒涛の追い込み。
 あの落合監督をして、史上稀に見る追い込みと、心胆寒からしめた。
 07年、前半を最下位も経験しながら終盤、奇跡の10連勝で、13ゲームどころか、14ゲーム以上を詰めて、一時は首位に立つ。
 しかし、いずれも最後の詰めを誤る」っていうか、最後まで突き抜ける余力は残っていなかった。
 その姿に、ファンは感動した。

 しかし、それは甘やかしだった。
 結局シーズンを通してみれば、何かが足りない。 
 その何かのために、優勝に手が届きそうで、届かない。
 それは、オスギや能見が期待されながら、毎年その期待を裏切るのと似ている。
 結局、その何かが分からないから、突き止めないから、同じ過ちを犯す。
 今年は、過去2年の逆だった。
 最初に思い切り飛び出し、最後で息切れ。
 それは、3度目の過ち。

 1回トコトンこの原因、優勝するために何が足りないのか、考えてみよう。
 そうして、それを解決しないと、また来年も同じ事をする。

 その何かは、新井の獲得では解決しなかった。
 平野の獲得も解決になってない。
 もっと奥深く、タイガースの根っこの部分。
 詰めが甘く、止めを刺せない。
 この体質ではないのだろうか。
 御人好し体質といってもいい。
 故に、ここ一番で力を発揮できない。

 今日の試合は、もう投了後だからいい。
 今日から3連勝する力があるなら、Gに7連敗もしない。
 遅かれ早かれ、こういう日はやってくる。
 それが、いとも簡単にやってきた、それだけだ。

 タイガースは、まだ何も終わっていない。
 その何か、体質を変える何か、それはCS、日シリなどのビッグゲームで力を発揮することでしか変えられない。
 そのチャンスは、すぐそこにある。
 まだまだ、全然終わっちゃいないんだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。