CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 謹賀新年09 | main | 紅白戦所感 >>
キャンプイ・ン
 「やっと」というか、「とうとう」というか、この日が来てしまった。
 あの悔しい気持ちに別れを告げ、新たな目標だけを見つめて邁進すべき第一歩を刻むべき、キャンプ・インの初日だ。
 これをプロ野球の元旦に例えることもある。

 さて、今年の準備はいかばかりか。
 その調整具合は、例によって「スカイAスポーツ+」の「猛虎キャンプレポート2009」でチェックすることになる。
 しかし、この番組もすっかり定着、この時期の定番化されてしまったもの。
 昔は、キャンプの練習風景なんて中継どころか、スポーツニュースでさえ、なんか大きな出来事でもないと放送がなかった。「プロ野球ニュース」でさえ、各球団を少ない時間でチラと放送することが精一杯だったからねぇ。

 ところで今年の注目は、真弓新監督に集中しがちだが、寅吉的には「今年の瀬戸際の男たち」ってことになる。
 期待し続けられながら結果が出せず、ここまできたラストチャンスの選手たち。
 レギュラー、クリーンナップ候補と言われながら久しい、林・桜井。
 ドラフト自由枠で毎年ローテ入りが目標といいながら結果が出ない、能見、筒井、小嶋、杉山の投手陣。
 そして、ここ数年ラストチャンスといいながら、不発が続く藤田太陽。
 一発屋で終わるか、境目の桟原、ハシケン。
 ポスト矢野の狩野、岡崎、清水、小宮山のキャッチャー陣。
 なんか。今年チャンスを掴まないと、そのまま終わってしまうような、瀬戸際の男がうようよしている。

 このなかで、チャンスを掴み、ブレークする選手が出てくることが真弓阪神の船出に大きな影響を与えると思う。
 監督が代わった今年、チャンスを逃すともう期待は、次の世代へと移って行くぞ。そういう気構えで頑張らんと。
 幸い、今日の初日はみんな故障もなく元気に顔を揃えたみたいだ。
 沖縄と安芸に分かれてのキャンプ・インだったが、最後までしっかりアピールできるようがんばれ!

 キャンプは長いようで短い。
 すぐにオープン戦、開幕と時間が過ぎていく。
 開幕戦に名を連ね、ベンチ入りできるよう死に物狂いで、がんばれ!
 瀬戸際の男達。
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。