CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



<< WBC 2連覇成る! | main | 5−2 対東京ヤクルト 安藤、堂々開幕を飾る >>
開幕前夜’09
 早いもので、もう明日は開幕戦だ。
 WBCの優勝に酔い、選抜の菊池・今村の投げ合いに魅せられ、「どちらもタイガースに欲しいぞ!」と思っている間に開幕戦となってしまった。

 さて、タイガースは万全の準備ができたのだろうか。
 ここに来て不安要素が次々に頭を擡げ、課題を残したままの開幕戦となる。

 ローテに入り込む若手投手は」・・・・。
 白仁田、黒田、玉置、などなど多くの投手の名が上がったが、結局ローテを射止めたのは、移籍の久保、毎年期待され裏切り続けた能見、2年目石川という顔ぶれに落ち着きそうだ。
 本当に、今年こそ能見は化けるのか?
 ここに期待しなくてはならなくなったことが寂しいけど、能見にとってはラストチャンス。相手を見下ろして投げることが出来れば、結果はついてくると思う。最初にポン、ポンと勝てれば波にのると思うけど、最初にガンとやられると、今年も位置もどおりの結果になりそうで怖い。

 野手はもっと悲惨。
 坂が1軍を射止めたが、林は2軍スタート。桜井が滑る込み。
 後は、手術明けの金本と故障から急ピッチで仕上げた新井に期待するしかないのか・・・。鳥谷の大化け、タイトルのひとつも取る勢いでの活躍を期待するしかない。
 
 捕手は、結局矢野が間に合わず。
 狩野・岡崎・清水のドングリーズの争うが続く。
 ここが一番不安でもある。
 矢野の好不調がタイガースの成績に直結する感があるだけに、ここのポスト・矢野のドングリーズから誰かが突き抜けてくる活躍をしなければ序盤戦は苦戦を免れそうもない。

 こうして不安に駆られて、ネガティブになりがちなのが古くからのタイガース・フアンの特徴でもあるんだけどね。
 それでも、昨シーズンの悔しい思いを晴らすには、勝つしかないんだからね。
 まぁ、開幕戦でレギュラーや1軍ベンチが決まってしまうわけじゃないからね。シーズンは長いし、どこからか突き抜けてくる選手がいるかわからんしね。(過っての新庄なんてそうだったでしょ。)
 上本や育成枠の野原、出遅れのバルディリスなんて、このままでは終わらんでしょ、きっと。


 まずは、明日からのスワローズ戦。
 去年苦しめられた相手だけに、しっかりした戦いをしないとね。
 頼んだぞ、安藤。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |


本当、讀賣って奴は・・・(怒)
まあ活躍しない事を祈りますわ。
西武はナカジがヤンキ−スと決裂して西武に残留するみたいで面白くなるんじゃないですか?
阪神は新旧交代して讀賣を倒して欲しいですね。















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。