CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 11x−10 対広島 神様の悪戯 | main | 2−4 対広島 2年目のジンクスを考える >>
8−2 対広島 アニキ、祭りだぜ!
 金本の一人祭りで、幕を開け、幕を降ろした試合。
 昨日のサヨナラ勝ちの余韻も残る第一打席。
 先制3ランで幕を開けた。
 それから、2ラン、ソロと3連発。あわやサイクルHRなんてことが現実に起こり得る気もしたものだ。
 第四打席は満塁では廻らず、それでも打点つきのヒットで4の4、7打点という一人舞台。
 アニキ・金本以外の打点は、舎弟・新井の祝砲1発だけというのも縁を感じるねぇ。

 さて、金本のスパースター的活躍で、今季白星先行。(開幕以来だね。)
 早い内にこういう状態にしたのはよしとしたいとこだが、投手陣には問題山積。
 シモヤンは、なんとか責任を果たす結果だが、渡辺、阿部とことごとく先頭打者の出塁を許す。
 先の先発の能見・福原の不安とジェフ、渡辺、阿部の不安は継投策を考えるに大きな心配の種だ。
 金本のおかげで、カープの追撃が雑になったのに助けられていたが、僅差では完全につかまっていただろう。
 昨日のカープといつ同じ目にあうやもしれない。そういう不安をのこす。

 これは、矢野の復帰でしか解消しないのだろうか。
 狩野・岡崎もバッティングで結果は出したが、リード面の評価はどうなのか。
 実戦経験を積んでいく内に、上達していってくれるのだろうか。
 今の投手陣の不安がそのまま若い捕手陣に向けられると厳しい。
 ただ、それを跳ね返してこそのレギュラーだからね。
 がんばれ!狩野、岡崎、清水。
 今が一番のチャンスなんだぞ。

 しかし、アニキの勢いはとどまることを知らない。
 こういうとき、好事魔多しってこともある。用心してくれよ。
 アニキを欠くような事になると大変だ。
 新井に1発が出て、メンチも感じよくなって、打撃陣は繫がり始めている。
 明日は、石川にたっぷり援護をお願いしたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。