CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5−6 対読売 打つべき人が打っても、打たれないはずの人に返される | main | 6-6 対読売 かくして、連敗は継続されり >>
1-4 対読売 出るは、ため息ばかりなり
 結局、能見はノウミ。
 0-0の初回。
 さぁ、これからで2失点。
 いい加減、開き直って6回まで、この2失点で凌ぎ、10奪三振。
 こりゃ、いい方向に開き直ったか思えば、味方が1点返した、その裏。ここはキッチリ抑え、逆転の足がかりにしなくてはいけない場面。
 そうなると能見はノウミ。
 やはり、大量リードでもしないと勝てるPじゃないんかなぁ・・・・。

 一度、能見は「ウッリャー!」とか声に出してピッチングしたらよいんではないか。
 声を出すと、余計なこと考えず腕が思い切り振れるぞ。
 あとは、もと荒々しくなってもいい。
 いつストライクが来るか分からない、そういう荒れ方は結構打ちづらいもんだからね。
 読売の東野のピッチングを見るに、能見との違いを感じざる得なかった。

 あの満塁の場面まで能見を引っ張るのなら、続投させたれ。
 それで打たれりゃ、もっと身にしみるかもしれない。
 あそこで代えても、本人が「試合は作ったし、よく7回まで投げた。」なんて変な満足感に浸っていたら、まったく本人のためにはならない。
 きっと、そんなことは口外しないで、反省の弁を述べるのだろうけど、心のうちでそんな小さな満足感が芽生えてしまう、そう思うよ。
 あそこで代えるなら、回の頭から代えてやるべきだし、最低でも坂本の2ベースで交代だろ。
 やはり、先発に少しでも長い回をということに拘りすぎ、新監督で無理はないかも知れんが、自慢の中継ぎがみんなリードされてる場面での登場となり、球児の出番すら無くなってしまう。

 あとは、新井のサードの意味。
 セッキーとの入れ替えだけでは、なんの意味もないでしょ。
 新井をサードにすることで、ファーストに林、今岡、葛城といったメンバーを使えて超攻撃的布陣が敷けることに意味があるはずなんだが。
 なんで赤星欠場の今、それをしないのか。
 赤星がいないなら、平野をトップに、2番セッキーで行くべくではないのか。
 ライト葛城でなく、平野がセンターでライトに桜井、ファースト葛城が正解だと思うが・・・。
 打順は6番葛城、7番桜井でいいと思うけど・・・。
 そうしないのなら、新井はファーストに戻し、ファーム好調のバルを上げてサード、セッキーセカンド、ライト平野もOKだと思う。
 最初の構想に拘るなら、貫いて欲しいし、中途半端なら元にもどしたらどうか。

 なんか、今日の試合見てると愚痴しか出ない。
 点差以上に、ボコられた気がする。
 ここ数年、読売に対して持っていた優位性をすべて失い、逆に優位に立たれ、見下ろされている。
 去年の終盤に勝てなくなってから、着実に対場は入れ替えられた。
 ここらで、ガツンと勝たないと、今シーズン、ず〜っと優位に立たれてしまうぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |


こんにちわ
頑張れタイガース!
私もタイガースファンです。
このぼろくそ試合は悔しかったです。

ピッチング好きのみなみ | 2009/04/28 10:34 AM














バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。