CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2-4 対横浜 相変わらずの・・・ | main | 2-6 対中日 満塁なんて大嫌いさ♪ >>
1-2 対中日 命取りの四球
 3回裏、和田に逆転の一打を喰らう。
 今日の下柳の調子を考えても、この和田は危険すぎる。 
 折角、森野のファースト正面を突く、鋭い当たりがダブルプレーとなる、タイガースへ流れがくる場面。
 次の打者は、一発はあるが比較的討ち取りやすいブランコ。
 これでこの回のピンチを無得点に凌げる。ラッキー!
 ここで流れを掴んで、追加点につなげたいそう考える場面。

 返す返すも、4球目のフォーク。
 空振り三振かと思ったが、ファールチップで狩野がミットに納めることができなかった。
 ここで、三振に取っていれば・・・・。
 下柳の心理も同じだったかもしれない。
 穴は多いが、一発の恐怖があるブランコだ。どうしてもバットに触らせたくはない。
 慎重に、慎重に攻めて、4球目のフォークで討ち取ったと思ったのかもしれない。
 その後、もう一度攻める度胸はなかったのか・・・・。
 結局、ここの四球が命取りとなる。下柳にとっても、タイガースにとっても。

 まぁ、2安打じゃ勝てというのが無理な話かもしれないが、それでもなんとか流れを引き寄せる手立てを打って欲しかった。
 6回、狩野が無死からヒットで出た後、ここは代打でしょう。
 3回に流れを引き寄せそこない、相手にやってしまった下柳。
 いくらバントといっても、危険な香りいっぱいだったね。
 案の定、バント失敗で、攻めを一手遅らせることになる。
 別にバントが悪いわけじゃない、1点差だし。
 それでもここは、バントの上手い野手を代打に使うべき場所。

 結局、次の赤星の送らせるわけだが、そこまでしたら平野に代打で桧山を出すべきだと思う。
 なんか、相手の流れのまま身を任せているだけって感じなんだよねぇ。
 どうしてもコッチに流れを引き寄せる策って言うのがありそうなんだけど。
 結局下柳を引っ張り、渡辺・江草を無駄遣いした気がする。
 この二人の位置づけもちゃんとしてやらないと、これじゃ夏前に終わっちゃうよ。
 
 8回の代打も疑問。
 浅井は、9回の対岩瀬に残しておくべきだと思う。
 9回の岩瀬が決定的なだけに、平野のところで使える場面ができるはず。
 ここで使うなら6回の下柳の場面で使うべきでしょ。
 浅井は、バントもこなせるし。
 なんか、勝負手が後手後手に回っている気がするんだよね。
 結局、朝倉も得意の苦手として認知してしまったような試合になってしまった。

 ドラゴンズも厳しい状況にあるが、タイガースもだ。
 これでは、貯金をつくるなんていうのは夢物語。
 明日、久保で勝てないと、またズルズルいく気がする。
 何とか流れを引き込むような戦いをして欲しい。踏ん張りどころだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。