CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1-2 対広島 猛打の翌日は・・・ | main | 4―7 対横浜 慌てる○○は、もらいが少ない >>
8―4 対横浜 5割の壁を越えろ
 6回、代打山崎の内野安打から起きた下柳の変調。
 これを事前に察知しろというのは酷な話かもしれない。
 なんせ、これを防ぐには、「今の下柳は5回まで」という決めつけと中継ぎ陣への絶対的信頼がないといけない。
 手術明けの4月だけに、そういう決め付けはありかも知れないが、今の監督は真弓だ。
 先発は長いイニングを投げてもらうことをぶち上げたからには、そうはいかなかった。
 結果、打たれてからの交代となる。

 でも今日の投手リレーは責められまい。
 ただ、7回を任せた渡辺がイマイチ。
 どうも、この渡辺の位置づけが分からない。
 勝ち試合のリードを保つ役割か、ビハインドの試合で点差が開くのを防ぐのか、敗戦処理なのか。
 いろんな使い方されているうちに、調子が崩れてきたように見える。
 結局、2死までこぎつけるも1,2塁にランナーを残し、江草に交代。
 ここまで江草を信用してるなら(単に左VS左ってことだけか?)、もう少し江草の使い方も考えるべき。夏場までに潰れては元も子もない。
 結局この回を抑えたのが、7回の勝ち越しに繋がる。

 でも勝敗を分けたのは、やはりミス。
 乗り切れないタイガースのミスも多いが、横浜も輪をかけて致命的なミスをする。
 7回の表のピンチもトリのワンバンド送球のエラーから始まったが、なんとか凌いだ。
 逆にその裏、トリの打球を内川が落球し、ピンチを拡大。タイガースの勝ち越しに結びついた。
 本来なら、タイガースが負ける試合。
 それを3回の先制の場面でのライトの追い方や7回の勝ちし機の内川のエラー。ことごとく肝心な場面でタイガースより致命的なミスを犯してくれた。
 タイガースが乗り切れない理由もミスの多さなら、ベイスターズが最下位にいる理由もやはりミスなんだ。
 そう感じさせてくれる試合だった。

 こうして、鏡のようにミスがでると勝てないことを見せてくれたわけだが、明日は未だ勝ち星のない久保の先発。 
 ここで勝たせておかないと、去年の金村よろしく久保を戦力として失いかねない。
 くれぐれも、ミスで足を引っ張ることなかれ。
 5割の壁を越えるには、ミス厳禁だ。

 そうそう、マスカットスタジアムは、ヒーローインタビューがないのかね。
 大好きな新井が4安打、4打点の活躍でヒーローだと思って楽しみにしていた、連れ合いががっかりしていた。
 ヒーインくらいやればいいのに・・・・・。
 新井、次がんばってや〜。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。