CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0―4 対読売 読売の犬と呼ばれし、今日この頃 | main | 1―2 対東京ヤクルト また、雨が降りだしたね >>
6―0 対読売 明けない夜はない、止まない雨はない
 やっと対G戦の連敗が止まる。
 勝つという時は、大体こういうもの。
 相手がミスしてくれて、それにつけ込み得点に結び付けられる。こういう時は、必ず勝つ。
 まぁ、それを引き込んだのは、下柳の好投以外の何物でもないけどね。

 対Gの連敗は、こっちが先にこけてしまって始まり続いてきたわけだ。
 Gの若手の躍進、新戦力台頭というマスコミの言葉に踊らされているだけで、なにビビッとるねん。良く相手見てみい。小笠原、ラミレス以外はイースタンに毛が生えたようなもんやん。
 うるさい鈴木も故障がちやし、今季は不調だし、谷だっていつ使われるかわかったもんじゃない。
 松本だ、脇谷やと言ったって、打つほうはまだまだや。坂本だけ研究して、抑えたらよろし。ウエスタンで実績上げたタイガースの面々の方が絶対上やで。
 それを、Gがうまく育成しているだのマスコミの宣伝に煽られ、ビビッてどうすんねん。
 なんか、下柳のピッチングから、そういう声が聞こえてくる気がした。
 狩野も勉強になったはず。勉強したら、次生かせよ。

 今日は、クリーンナップも機能したし、上手く下柳を6回で代えて、江草、アッチソンと繋いだわけだ。
 最後の筒井には少し驚いたが、これも有りだとは思う。
 いずれ左の中継ぎないしワンポイントが一枚必要。まして球児離脱中、ジェフが抑えを任されるとなるとその必要性は高い。
 6点差とはいえ、最終回を締めるというプレッシャーの中で、筒井がどの程度できるか、また経験を積ませておくことは大事だ。
 Gも点差が開いた時点で、変則左腕の古川を試している。負けちゃいられんからね。
 これで、Gとの対戦も交流戦後になりだけに、その前に勝ててよかったね。

 そうそう、球児の離脱中の抑えを任されるらしいジェフだが、今年はよくなっているように見えないかい。
 スライダーのキレが戻ってきているように見える。
 ここ2試合くらいのリリーフでみせる、スライダーには、えげつないキレ味があったと思うけど・・・。
 ここは、ジェフの経験と復活に賭けざるえないだろう。
 
 さて、G戦の連敗も止まったことだし、対関東連合の2チーム相手の連戦。
 天候次第だが、是非勝ち越して、9連戦を勝ち越しておきたい。
 交流戦に入る前に少しでも貯金をしておきたい、監督のお試し期間は4月で終わってるはずだし、今月は積極的に仕掛けていきたいよね。
 まずは、一戦必勝で明日頼むよ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。