CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1x−0 対広島 あらっ、フォ〜! | main | 7―1 対広島 桜散りし日に桜咲く >>
1―2 対広島 その男危険につき
 ジェフが栗原に押し出しの四球を与えて同点。
 ある意味、これでよかったのかも知れない。ジェフと栗原の相性を考えてもこの状況で同点止まりは最良の結果だったのだろう。
 強いて挙げるなら、その遥か前に相性の良い東出を四球で出してしまったことだろう。
 この時点で、最も危険な男、栗原に打順が回ることが決定していた。
 ジェフのキレはかなり戻っている。
 したがって、三振はあっても、なかなかダブルプレーは、得られない。
 案の定2死満塁で避けることが出来ない栗原勝負。
 走者一掃を喰らうより、押し出しの1点で同点で良かったのだ、そう思おうとしていた。

 これが10回の表、球児の登場に2者連続三振。
 やっぱり、正解。
 これで天谷を討ち取って、栗原の前で断ち、その裏赤星からの打順で2夜連続のサヨナラゲーム。
 これが、天谷を四球で出す前までの青写真。
 その通りに事が運ぶと思えたんだけど・・・・。

 廻してはいけない男に打順を廻した。
 しかも、1塁は埋まっている。
 四球で得点圏にランナーは置きたくない。
 今日再登録の球児にとっては、酷な場面となった。
 去年、栗原に喰らったHRのシーンが頭を過ぎる。
 あまりに危険な男に打順を廻してしまった。
 この時点で、今日の結果が確定していたのかも知れない。

 審判の下手さ加減にあきれる判定などあったけど、勝敗の帰趨は、東出と天谷への四球。
 10回裏、金本の前に、ファーストが空いていたこと。
 トリと新井の一打は惜しかったが、こうゆう巡りの時は、正面を突いたり、相手のファインプレーに会う。
 出してはいけない2つの四球が、廻してはいけない男に打順を廻した。これに尽きる。
 
 しかし、久保もよくよく援護に恵まれない。
 またも、移籍後初勝利は、遠く消えてしまった。
 いつになったら片目が開くのか。
 タイガースが5割復帰するのとどちらが早いかな?
 交流戦前に5割に、もう負けられなくなった。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。