CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4―6 対埼玉西武 勝負所を感知せよ | main | 4―4 対北海道日本ハム 何度切り替えたらいいんだろうか? >>
2―8 対北海道日本ハム MOTTAINAI
 そりゃ、ダルビッシュ相手だもん、2回で4点も取られりゃ、諦めたくもなるわな。
 それでも、試合は9回まで、続行しなくてはならない。
 まぁ、余裕こまして、ダルを7回くらいで下げてくれれば、8,9回にチャンスがあるかも・・・・、って考えたわけじゃないんだろうけど、福原が5回裏降板の後を継いだのはまたもや、江草。
 
 しかし、勝ち負けに関わらず、よく投げさせる。
 この江草のポジションが未だに不明。
 リードしてるときの、JAFへの橋渡しなのか、僅差で負けている時の終盤への繫ぎ役なのか。
 江草の使われ方に、一貫性は見出せない。
 今日のような、5点差相手はダルという状況でも江草なんだもの。
 シーズン当初、渡辺を同じような使い方して、潰している。
 いまや、負けゲームPにしてしまっているもの。
 今日は、筒井を先に廻して、試す状況と違うのかなぁ。

 最近の江草を見てると、使われすぎの兆候が出ている。
 自分が思っているほどのキレや球威がでていない。
 それを自覚できていないで、打たれる。
 早く、ポジションを決めて上げるべきだと思うが・・・・MOTTAINAI。

 しかし、ファースト・葛城、セカンド・セッキー、ライトに平野って言うのはいいのか?
 確かに、新井サードコンバートによるバリエーションの幅を持たせることを意図したものだったんだろうが、それは、ファーストに林、ライトに桜井やメンチ(?)起用という攻撃的オーダーのためだったんじゃなかろうか。
 これなら、ファースト・セッキー、セカンド・平野、ライト・葛城でいっても同じじゃないの。
 守備力はどうか知らんが、大差ないだろ。
 セッキーもず〜と、ファーストやらされていたから、戸惑ったと思うよ。
 ブラゼルをファーストへ入れるため、セッキーをセカンドに慣らしておく意図があったんだろうか?
 しかし、林をファーストに入れる考えはないんかな。
 試合前のフィールディング練習でもファーストへ入ったって話聞かないし、準備もしてないってことは、ないんだろうなぁ。
 結局ライトを桜井、葛城と争うしかないのかな。

 まぁ、今日はダルVS福原で苦戦は免れない試合。
 こういう展開だからこそ、いろいろ試せることも多かったと思うのだが、MATTAINAI。
 こういったミスだらけの試合は、MITTOMONAI。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。