CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 7―0 対オリックス 繋いで、打って、兆しが見えたか | main | 1−8 対福岡ソフトバンク 結局乗り切れないのか? >>
4x−3 対福岡ソフトバンク マハリク マハリタ ヤンバラヤンヤンヤン♪
 9回に馬原が来た。
 先のヤフードームの2連戦にいずれも9回に追いつかれた馬原。
 しかも、馬原キラー(?)の林を温存していたタイガースの打順は、9番のピッチャーから、代打・林は決定的。っていうか、ここしか出せない状態。
 マハラクル、マハラキタ、リンノバンヤネン♪ 馬原来る、馬原来た、林の番やねん♪(サリーちゃんの節で歌ってね!)

 その林が見事にヒットで、ノーアウトで同点のランナーとなり、ここで代走・平野。
 次の鳥谷に送りバントの指示をだすも、トリがまた、バントが苦手・・・、且つ下手。
 2球連続で失敗して、サインは打て(多分、右に打っての進塁打狙い)に変わった。
 これが功を奏して、トリの打球が1,2塁間を抜けて、平野はサードまで進む。
 俄然、同点を通り越して、サヨナラへの期待が高まる。

 不思議なもんで、ついこの間までは、こういうチャンスでも、「また、ダメでしょ。」「満塁で打ったためしないでしょ。」とか自虐的なフレーズしか浮かばなかったのに・・・。
 きっと、ちょっと前なら、9回は赤星から始まって、林の使いどころがなく、またトリはバント失敗の挙句、ゲッツー、良くて三振。
 また満塁で金本に回っても、野手の正面を突いてゲッツーとか、三振で新井に回って、ハイ残念でしたっていうシーンしか思い浮かばなかった。
 それが、例え赤星が倒れても、代打・桧山が四球を選んで、満塁のチャンスを作ると、金本のサヨナラを確信したかのように盛り上がる。
 やっと、タイガースらしい形になってきた。

 マー君攻略から始まった4連勝は、タイガースの野球を思い出させてくれた。
 先発でゲームを作った能見も2発で3失点。
 今までなら、7回も続投させるところなんだが、6回裏に2死2,3塁で打順が廻って、代打・高橋光。
 これだって、以前なら2死だし、狩野の2ベースでブラゼルを無理やりホームに突入させていたかもしれない。
 それが上手く廻るようになる。
 アッチソン、ジェフがしっかり繋いで、1点差をキープ。
 逆転への流れを掴んで離さなかった。

 やっとこれまでの学習が生きた戦いをするようになった。
 それは、とりも直さず昨年のような戦い方なんだけどねぇ。
 いっそのこと新井を3番にして、5番にブラゼル入れて、トリを6番にしてみたらどうなん。
 もっと、機能してくれるんとちゃう?去年のようにね。
 さぁ、これで乗っていけるかね?明日は岩田が投げるのかな?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。