CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3―5 対横浜 どこまで続く、ミスの多さ | main | 4―5 対中日 トラがウテなくなりまして、再び >>
3x−2 対横浜 トラがウツようになりまして・・・
 この間の打線の欝状態からは脱しつつあつも、その効率の悪さは相変わらず。
 逆に、少しばかり打てるようになった為、その試合運びの拙さ、攻撃の拙さは、余計にクローズアップされる。
 特に、3番に変わって復調気配を見せたかに思えた新井の状態は深刻。
 最後はセッキーのサヨナラで事なきを得た感があるけれど、そこに至るまでは新井と赤星が戦犯扱いになるところだった。

 新井は、まず初回、セッキーがヒットで出た後、いつものように低目へ落とされるボール球を空振り三振。
 3回もセッキーを1塁においてセカンドゴロ。
 死球をはさんで、8回は先頭打者で初球をファール、2球目のど真ん中の変化球を引っ掛けてショートゴロ。
 どうしても、「打ちたい、打ちたい」という気持ちが先走って、低めのボール球の見極めは出来ないし、失投は力んで引っ掛ける。最悪の悪循環だ。

 対して赤星。
 もう相手は左半分にしか打てないことが分かってしまっているから、守るのは楽だ。
 時には、引っ張って見せたいところだが、それが出来る体の状態ではないのだろう。
 それは、ここまでの打率、出塁率を見ても明らかだ。
 だから、7回の無死1、2塁は送りバントしかなかったのだろうけど、赤星はセーフティはこなすが、送りバントは下手な選手だ。
 いっそのことセーフティでもやらせれば良かったのだが、固くいく策が赤星を一層固くした。
 結局、追い込まれて、バスターに切り替えるが、これが最悪のゲッツー。
 普通に打っても引っ張れない赤星が、バスターで引っ張れるわけがない。横浜のゲッツー網にまんまと引っかかったってとこだ。
 どうせなら、スリーバントでもさせるべきだろう。それなら、最悪でもゲッツーはなかった。

 しかし、9回まで2桁安打を放ちながら、無得点って、どんな攻撃してるンやろ。
 このまま完封されとったら、逆に珍しい記録になったんとちゃうか。
 それでも、押し切れないのが横浜の横浜たるところだ。
 さすがに9回の満塁機には、赤星に代打・桧山という策にでた。
 ここは、打つしかないのだから、より確率の高い打者に帰るのは当然だろう。
 桧山の犠牲フライが、アウトカウントを1つしか増やさなかったことがセッキーのサヨナラに繋がった。
 タイガースのAクラスへ、首の皮一枚繋げるサヨナラ勝ちだった。

 これからの相手、中日・ヤクルトは横浜のようなわけにはいけない。
 5回にツーアウト2塁で村田に勝負に行って追加点なんて試合運びしてたら、その2チームには命取りだ。
 もっと、引き締め、心してかかれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。