CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3x−2 対横浜 トラがウツようになりまして・・・ | main | 1ー4 対中日借金10 >>
4―5 対中日 トラがウテなくなりまして、再び
 序盤に4点を取ったまでは、良かったのだが、その後ピタっと音無しの構え。
 3回から9回の桜井のヒットまで、ノーヒット。ランナーも7回に代打の清水が四球を選んだのと、8回のセッキーの死球のみ。
 まぁ、横浜にかろうじて勝ち越せたチームだから、こんなことしていたら中日はちゃんと追いつき、追い越す。
 負けに不思議の負けなしってことだろう。

 横浜戦の最後にも言ったけど、赤星と新井、この2人がやはりキーとなった。
 その中盤以降のノーヒット状態の中、1死から代打の清水が四球を選んだ場面。
 どうせ引っ張ることが出来ず、左半分にしか打てないのなら、セーフティでも仕掛ければいいのに、まんまとゲッツー狙いにはまる赤星。
 8回、無死からセッキーが死球で出て、アップアップの浅尾に対し、1―3からの右打ちに絶好の球を見送り、2―3とし、最後は低めに落としボール球に手を出し、空振り三振の新井。
 0―3からの1球を見送るのはしょうがない。最低でも、ランナーを進めることを考えれば1―3からの1球は手を出すべき球だろう。
 それを見送ってしまった後悔が、2―3からのボール球に手を出させる。まったく、その心理状態が手に取るように分かるってもんだ。
 あのボールを見送って2―3になった瞬間、新井が低めのボールに手を出し、空振りする姿がしっかり見えたもの。

 まぁ、下柳も和田への投球といい、藤井への1球といい、ストライクをコールしてくれれば、こうはならなかったのだろうけど、やはり狩野がミットを動かしすぎるんとちゃうかな。
 審判には、ボールゾーンからストライクゾーンへ動かして取り繕っている動きに見える。あれは、不利だよなぁ。
 しかし、下柳の使い方の方針はどうなのだろう。
 交流戦から、中5日で使われしばしば結果がでないという状態。
 イニングも平気で7回、8回へと投げさそうとするし、中6日で廻してやれば、結果は出すPだし。5、6回での球数見ながら継投していけば怪我も少なくてすむタイプ。
 本人の希望もあるかも知れんが、去年までの使い方がベストと違うんかな。
 
 一昨日も言ったように、中日・ヤクルトという上位チームは、簡単に勝たせてくれないし、こっちがスキを見せれば容赦なくついてくる。
 これを相手に借金を減らすのは、大変な作業だ。
 決してスキは見せられないし、しっかりした野球をやるしかない。
 もっとも、それが出来ないから、この位置にいるんだけどね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。