CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 7―2 対東京ヤクルト ブラ砲、ブラボー | main | 4―1 対東京ヤクルト 小さなことからコツコツと >>
3―6 対東京ヤクルト 隠しきれないミスミス体質
 結局、こういうことなんですよ。
 中日やヤクルトは、こっちのミスを見逃してはれない。
 折角のS川島のエラーから、金本の2ランで1点差に追い上げたのに、こっちはセッキーがなんでもないセカンドごろをファンブルし、無死のランナーを許しちまった。
 これが追撃の為の登板であったアッチと狩野のバッテリーを苦しめ、金本の2ランをしっかり、取り返されえる。
 見逃しちゃ、くれないよ。

 今シーズン目立つのは、この守り負けっていう試合。
 ミスを繰り返し、接戦が物に出来ない。
 キャンプから掲げた「守りの野球」が虚しい。
 確かに「守りの野球」を掲げてはいたが、やったことはファーストでゴールドグラブ賞をとった新井をサードにコンバート。
 セカンドの守りに安定性を見せていたセッキーをファーストに。
 これも、林や桜井、メンチを有効に使うための暫定で、セカンドに戻ることも考慮に入れてのものだが、セッキーがセカンドに入ることはほとんどなかったし、キャンプ中から守備練習もファーストばかりだった。

 それが、メンチの不振を筆頭に構想ガタガタで、急ぎファーストのブラゼルを獲得。
 新井はサード、セッキーセカンドという布陣を固定しなければならなくなった。
 これって、超攻撃的布陣としてのオプションだったはず。
 守りを犠牲にしても、打線優先という布陣。
 守りの野球を標榜していたはずが、結果逆の布陣へとならざる得ない。
 そういう野球を目指したことのなる。
 だから、今のミスはしょうがない。
 なにより、それ以上に打たなくてはならないのだから・・・・。

 もういまさら、守りの特訓でもしてもしょうがない。
 現有戦力が出来る限りの力を発揮するしかない。
 ただ、看板に偽りがあったことは確か。
 看板は「守りの野球」でも中身は「攻撃中心野球」なんだから、はたしてやってる選手はどう理解しているのだろう?
 その辺の戸惑いが、今の結果になっているのと違うんか。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。