CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1-6対 中日なぜ… | main | 5―1 対読売 こういう勝ち方もありかな >>
4―6 対中日 昨日の何故の答えは、
 案外簡単だった。 
 それは、「点の取り方を知っているか、いないのか」ってこと。
 Dは、ノーヒットでも得点する術を知っているし、タイガースは連打を連ねても得点には繋がらない。

 タイガースが、ヒットでセカンド・ランナーがホームインというシーンを久しく見ていない気がする。
 詳しく記録を紐解いたわけではないので定かではないし、得点圏でのヒットがそんなに多くはないので、そう思っているだけかもしれないのだが・・・。(情けないことにね。)
 まして、1塁走者が、ヒットで3塁まで進むシーンも稀だ。
 ヒットひとつで、ひとつの進塁っていうシーンがこんなに多いシーズンも珍しいのと違うか?
 これでは、得点能力が劣るのは仕方がない。

 サードベースコーチは、いつからだろうかサードでランナーを止めるようになった。
 金本の足の状態を思いやっての行動が、すべての選手に適応されたみたいに・・・・。
 それとも、最初の失敗に懲りて、「膾を吹く」状態なのかもしれない。
 一度や二度の羹に懲りられては、走塁の意識の向上なんてありえんのだがねぇ。

 この逆もあって、1回成功すると、味をしめて、また同じ策を使う。
 これは投手リレーでよく見られる。
 先発を引っ張ることでスタートしたが、一度試しに早めの継投に出て成功すると、それからの見切りがとたんに早くなっている。
 そうして誰かが失敗するまで続け、失敗するとそのPは「羹」扱いとなる。
 こうして、中継ぎ陣の役割が定かでなくなり混迷しているのだ。

 そんな状態だから、選手自身が自分の役割を理解できない。っていうかその理解に自信がもてない。揺らいでしまう。
 その戸惑いが、チャンスをピンチに変え、点を取れなくし、簡単に失うことになる。
 これが、昨日の答えであり、今日の試合の結果だ。

 もう一度、チームの方針を定めることから、始めようじゃないか。
 そして、それを簡単にブラすことのないように、確固なものにしようじゃないか。
 でないと、「横浜」は、案外近くにいるんだぞ。
 ねっ、真弓監督。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。