CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
3―7 対 奇襲で勢いを完全に削いじまったな
 昨日の筒井の先発という奇襲。そのツケが廻ってきた試合。
 試合後の談話で「筒井は先発として使っていく」って言っていたけど、それて苦し紛れだったんじゃないの。
 お陰で、今日こそ筒井の場面で、使うことができなかったし・・・。

 今シーズン、シモヤンは5回が限度だ。
 前回も書いたけど、「もう1回」で、何度痛い目に遭えば気がつくのだろう。
 いいかげん、「学習」って言葉を覚えて欲しい。
 今日も、5回3失点。
 これで、いいでしょう。3点を失ったんだから、勝ち星うんぬんは言いっこなし。
 次に打順が回るからっていうのも、あんだけそれで失敗してれば、もういい加減分かっているはず。
 まして、やっと1点を返して、これからの反撃の目がでたところ。

 本当は、ここで筒井なんだけどねぇ。
 筒井で6回を凌げば、江草・アッチの投入で終盤の勝負に持ち込める。
 ところが、この回に追加点を取られれば、江草・アッチは使えず、負けパターンの投手リレーに入らざる得ない。
 それを、昨日の奇策もあり、筒井が使えない。
 最悪のシモヤン続投で、案の定追加点を奪われる。
 まぁ、ここで勝負ありやね。

 後でトリのタイムリーで2点差に迫っても、ここで投入の江草のモチベーションはどうだったのだろう。
 同じ2点差でも、6回に1点かえして、2点差にしたのを引き継いできたのとは、おのずと心構えは違っていよう。
 まして、長く中継ぎで実績を残し、先発を渇望していた江草が、昨日の筒井先発に何を思ったか、想像に難くない。
 すべては、なんの準備もなしに、昨日の奇襲を試みた采配によると思う。
 折角、オールスター後、持ち直してきた勢いは、完全に滅した。
 思いつきだけで、選手をもてあそぶような采配は、ゴメンこうむりたい。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 21:59 | comments(0) | - |

コメント
コメントする