CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 7―9 対読売 お盆 お凡 おボン | main | 4―1 対東京ヤクルト 誰か満塁での点の取り方教えてやってや >>
5―2 対読売 勝ちに不思議の勝ちあり、それもまた価値ありか
 かなり走塁ミス、采配ミスがあった試合。

 不思議の要素(1)
  3回表、トリの同点打の後、金本のヒットで3塁へいけない走塁。
  その時の、トリの様子からして3塁コーチがストップっさせた感じ?
  とりが、サードコーチの山脇(?)に向って、「行けませんでしたか?」
  みたいな口ぶりをしているのが映った。本人は行く気満々だったのを、ス
  トップかけてしまったと吸い推測する。
  ここは例えアウトになろうとも行かすべき場面。それでこそイケイケの勢
  いが出る。

 不思議の要素(2)
  やっと追加点の8回の場面。
  新井の2ベース(多分にラッキーな当たり)の後、ブレゼルのあわやHRか
  というフェンス直撃の当たりでサードにストップの新井。
  これも、打球が一番良く見えるサードコーチが、新井がハーフウエイで様子
  見していても、強制的にゴーをかけないとイカンやろ。
 
 不思議の要素(3)
  上記の後、セカンドランナーとなったブラゼルには、代走・大和をだしとか
  なアカンやろ。
  ミッチちゃんのヒットで還ってこられへんかったやろ。

 不思議の要素(4)
  ミッちゃんのタイムリーで1点取った後、今日3三振のノー感じの赤星。
  ここは、思い切って代打・浅井で畳み掛ける場面と違うか。
  平野が案外、左Pが好きだし、今日は負のオーラ出まくりの赤星に代打で
  浅井を使わなくては、最近いい感じの浅井を使う場面がないやん。

 まぁ、以上4つが今日の不思議の勝ちの要素。
 しかし、(1)では後続のブラゼルが1発で、ミスを帳消しにしてくれ、(2)も代打・高橋光がタイムリーで1点を挙げなんとか体裁を取り繕った。
 響いたのは、(3)と(4)だが、これは球児の2イニングという無理使いに皺寄せをよこした。
 
 逆に良かったのは、シモヤンを5回できっぱり見切ったこと。
 これでシモヤンにも、久々の勝ちを付けてやることができた。ここに今日一番の価値を見出すことが出来るんだけどね。
 でも穿った見方をすると、たまたま6回の表でシモヤンに打順が回るという、ラッキーな展開で、代打をだし、見切りやすかった部分も有る。
 これで、代打出さず続投なら、まるっきり学習してないって事やもんなぁ。
 逆にこの回の攻撃が、矢野で終わるような巡りであればどうしたんだろうか。
 打順が回る、次の回までって、続投させて、同じ失敗を繰り返していたかのしれんもんなぁ。

 まぁ、これでアシストDの役目は果たしたかな。
 これでナイトゲームで、DがSに勝ってくれれば、Sとの差も縮まるし、一石二鳥だ。
 その上で、つぎの直接対決にCS出場の最後のチャンスを賭ける。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。