CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5―1 対読売 キラー誕生 | main | 3―1 対読売 7回を凌ぐ >>
5―7 対読売 後手に廻る
 ローテの谷間。
 ついこの間は、ここで筒井の先発を試す。なんの準備もなしに・・・・・。
 今ここの役割を与えられているのは、阿部だ。
 いずれにしても、いい結果(5回を3失点くらいでいけばOK)がでればラッキーくらいに、考えていたんやろ。
 こういう谷間ができることが分かっているのに、事前の準備はなんにもしていない。
 ただ、中継ぎで調子が良かった、結果がでたPを繰り上げ先発に起用しているだけだ。
 シーズン中に何度か先発に起用し、2軍でも先発で調整させている面々は、使えんのだろうか?
 例えば、小嶋、例えば杉山、久保田(今また後ろに廻されてるらしい。)、上園、石川。

 そんな試合だから、阿部が3回までに5失点すると、もうどうにもならない。
 試合開始早々に後手に廻ることになる。
 相手のグライジンガーの立ち上がりがイマイチで、なんとかなりそうな感じだっただけに、先発の選択を間違えたといって過言じゃない。
 そのグライジンガーは、どちらかというと左打者を得意とし、右打者によく打たれているっていうことを、わかってりんだろうか?
 スタメン、代打起用から、全然分かってない気がするんだけど・・・・、その辺の分析は出来てるの?

 今日の疑問。
 まずはスタメンのセンターに浅井を使わなかったこと。
 グライは、振り切るバッターによく打たれる。
 癖のないフォームから制球力よく投げてこられるので、どうしても丁寧にミートしに行く。それがグライの思う壺。
 微妙に動かされた球に、詰まったり、泳いだりとタイミングをヅラされる。
 ここと思ったら、思い切って振っていく打者が相性がいい。
 赤星は、ここ一番の代走要員としておくのも手じゃないの。

 次、5回に無死から狩野のヒット。
 ここでの代打が藤本であったこと。
 上記の理由で、左打者を得意とするグライに藤本は、相手を楽にさせるだけ。
 スタメンで使っていないなら、ここで浅井だろう。
 それにここで藤本を使ったが故、8回の大和に代打がだせない。
 平野を代えて大和となっている為、もうセカンドを守れる野手がいない。チャンスで大和となったときの代打起用まで気が廻っていない証拠。
 
 あとは、越智にランナー無しで桧山の代打。
 今シーズン越智を打ったところ見たことがない。あのフォークは、桧山が一番空振りする球なんだよね。
 ランナーがいれば、フォークを投げずらいから攻略しやすいのだが、ここは矢野か使う機会を失っていた浅井のほうが適役。
 
 まぁ、あまり先を考えず、思いつきで采配してるから、一度後手に廻ると取り返しが利かない。
 これは、今シーズン始まってから、ずっとそうで、結局ペナントそのものを後手に廻すことになった。
 それでも、ラッキーなことにSが失速し、CS出場のチャンスが出てきている。
 ここで、学習をいかさんでどうする。結局捉え切れませんでしたで終わってしまうぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。