CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―1 対横浜 不思議の勝ちあり | main | 7―6 対読売 トリが羽ばたく >>
5―3 対読売 劣勢での戦い方
 東京ドームでGとの戦い。
 先発は安定感抜群のゴンザレスと5回3失点を計算しなくてはならない安藤。
 中継ぎ抑えに、山口・越智に加え豊田、クルーンに木村なんていうのも使えるようになってきているG。
 対して、江草・渡辺のリハビリがすんでおらず、アッチと藤川頼みのタイガース。
 どう考えても劣勢だ。

 先制はG。
 だが、トリの2ベースと新井の内野安打の間のナイスランにより同点。
 しかし、味方が点を取ってくれると、必ずすぐそれを吐き出す安藤スタイルは今日も健在。
 無死から亀井に四球。エンドラン・犠飛でまたもリードを許す。
 これをトリのHRで追いつき、金本・新井の連打とセッキーのタイムリーで逆転。
 それも、またもの安藤スタイルで阿部に同点HRを喰らう。

 最近、早めの仕掛けに凝っている真弓監督だけに、リードした6回から安藤を諦め、アッチ・球児で得意(というか、ちょっと味をしめている)の2イニングづつの継投で逃げ切るを図るかと思ったよ。
 だが、ここは安藤スタイルの危険予知より、エースとしてのプライドに拘ったってわけかな?
 寅吉的には、4回の矢野のヒットの後、送りバントなんかさせずに、一気に代打で勝負という早仕掛けを予想してたんだけどなぁ・・・。

 7回のチャンスで、野原に桧山の代打は?だったね。
 ここは、思い切ってチャンスをやって欲しかった。
 今、乗ってきて、ラッキーボーイの臭いプンプンだっただけに、このチャンスに賭けてもよかったと思うんだけど。
 桧山を代打で使うなら、次の平野のところでしょ。
 得点圏での平野は、力が入りすぎて、ダボハゼになっちゃうから、代打勝負ならここなんだと思うよ。
 野原、残念だけど明日があるさ。ガンバ!

 試合は終盤から延長へと持ち込まれ、投手層の厚さからもタイガースが不利なのは分かっていた。
 それでもアッチ、球児の奮闘で表向きは互角の状態を築いてくれていた。
 その不利を覆したのはドームランってことだろう。
 矢野の下手すりゃポテンかというような当たりがフェンスを越える。
 逆だと悔しくて仕方がないが、味方になると心強いよね、ドームラン。

 劣勢を耐えて、勝った試合。
 SもCも、負けたみたいだし、できればこの3連戦を勝ち越して、対Gの対戦成績を5分以上にしたいところだね。
 それには、明日、岩田に頑張ってもらわんと。
 もう一丁、行っとくれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。