CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―3 対横浜 御人好し症候群 | main | 6―4 対広島 得点を遠慮しながら・・・・・ >>
6―3 対広島 粗っぽい、新井っぽい
 なんか乱打戦のようで、得点はそれほど多くじゃない大味な試合。
 そのきっかけは、新井のプレーから始まったのかも知れない。
 1回の表、無死1,2塁から鳥谷・金本が凡退で、絶好の先制機を逃したかに思えた後、青木高の球をジャストミートし、先制点を呼び込んだ。
 この役割が、新井の仕事なんだよねぇ。これからも、こういう一打を期待してるよ。

 先発は、満を持しての能見。
 得意のカープ戦で開幕だ。
 しかし、シーズン初先発は緊張するのだろう。少し球が上ずっていたようだ。
 東出にヒットを許すと、梵の送りバントの処理を、新井が1塁に高投し、無死1,2塁のピンチ。
 自らの先制打を、自ら帳消しにする、ある意味新井らしいというか、今季のタイガースらしい粗っぽさだと思う。
 それでも、同点を許した後の三遊間の当たりを身を挺して止めた新井の好プレー。
 たった、1回の攻防で、上がったり、下がったり、そしてまた上がったり、新井の浮き沈みが激しかった。

 そんな、試合の立ち上がりの雰囲気がその後の試合の空気を支配した。
 得点は、いつでも取れるような雰囲気で、結局ブラゼルの2発とマートンの1発。とHRで挙げた点が大半。
 鳥谷と金本のタイムリーが救いか。
 これで二人とも調子を上げてくれるといいんだけどね。

 そんな試合をなんとかものにしたのは、7回を3失点で凌いだ能見のピッチング。
 昨シーズンの自身は大きいねぇ。
 こういう粗っぽい試合でも、7回までちゃんと試合を作って、勝ちに勝ちにつなげるんだから。グッド・ジョブって言っていいんじゃない。
 これで、次から落ち着いてピッチングできるはず。G戦に期待したいね。

 今日は、みんなにヒットがでたし、マートンは打撃の方は期待できそうな雰囲気になってきた。
 みんな開幕したって感じだな。
 明日は、久保か小嶋か。
 二人とも、ちゃんと開幕して欲しいねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。