CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―3x 対中日 メッセンジャーで負けてんじゃ〜! | main | 5―4 対読売 アニキの応え >>
1―6 対中日 ベンチと選手の乖離が心配
 結局、打たなけりゃ勝てないチーム。
 1点を争う試合で、その1点をとりにいくことが出来ないチーム。
 過ってのGがそうであったように、1点の積み重ねでなく、一挙に大量点で相手の戦意を喪失させてしまわない限り、競った試合は苦手だから、勝ち味はない。

 初回に、トリの犠牲フライで先制した後、追加点を奪って、一挙に伊藤を潰してしまわなかったのが敗因。
 この1点で終わったことが、1点を争う苦手とする展開に持ち込まれることになる。
 なんせ、競られると横浜にさえ劣るチームなんだから、この時点で勝負は見えている。
 後は、作戦いらずの一発を待つだけの野球。
 昨日は、その1発が出たんだけど・・・、今日はお人よしの初勝利献上マシンのタイガースが発動された。

 作戦いらずのチームを作ったのは、ある意味今の首脳陣の方針なんだろう。
 それほど、今の首脳陣の指導力は選手から信頼されてない。故に、作戦いらずのチームを作るしかない。
 「選手だけでも勝つ」そういう野球を標榜した、問題を内包したチームなんだからね。

 そんなチームに、下手な作戦や小細工をさせても裏目に出るのは分かりきった入る。
 ここで見られる、関本のバント失敗。
 それに懲りてか、浅井に代役をやらせて、さらに失敗。
 真弓監督は、失敗するまで同じことを繰り返すが、一度失敗すると、すぐ別の方向に向ってしまう。
 セッキーのバント失敗だって、何十回のうちのひとつがでただけかも知れないのに、もうそれに懲りて、本来セッキーの出番なのに、浅井を使ったりする。
 これで、セッキーも浅井も、両方潰したことになるってことわかっているんだろうか。

 Pも同じく。
 昨日の久保田の無駄使いが、今日に影響したといえないだろうか。
 ここでも、江草・久保田両方潰したし、メッセンジャーも同様だ。
 85年の吉田監督は、打たれた福間を翌日の同じ場面で使ってきた。悪い思いは、はやく払拭しておくべきだという考えと、中継ぎにおける福間のプライドや役割を重んじた采配だった。
 そんな、熱い思いが詰まった采配を振ることはできないのだろうか。
 それ故、選手が離れていっているんじゃないだろうか。

 今の状況は決して良くはない。
 選手とベンチが離れてしまっている。
 そんな状態を知りながら、何の手も打たなかった球団の上層部にも大いに責任がある。
 ベンチを選手が一体になりえないところに勝利はないのだろう。
 ここを改善せずして、逆襲はない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。