CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1―6 対中日 ベンチと選手の乖離が心配 | main | 0−3 対読売 木村拓也追悼試合 >>
5―4 対読売 アニキの応え
 数々の批判を、いろんな思いを、すべて払拭する為の一振りだった。

 チームのため、休めという声は多かった。
 せめて打順を下げろとか、終盤に守備固めが必要だとかも言われていた。
 だが、金本は一切それには答えず、黙々と4番目の打者として打席に入り、レフトの守備位置に就いた。

 実際、肩の故障の具合を推測するに、守りの面からレフとは多いな穴になっていた。
 赤星が抜け、不慣れなマートンがセンターに入り、守備が課題といわれる桜井がライトに入る布陣に不安尽きない。
 それでも金本は、自らフルイニングに終止符を打つことはしなかった。

 きっと、これが金本の戦いなのであろう。
 この戦いに敗れたとき、そのときはきっぱり引退してしまう、そんあ覚悟で臨んでいたんじゃないだろうか。
 右肩の故障を抱え、尚且つ試合に出続ける。
 打撃で、守備で結果が出なくチームに迷惑がかかると自分で判断したなら、潔く自ら身を退く。
 それ故、自分が納得するまでは、自分からギブアップはしない。
 故障と重圧と、批判と非難をすべて受け止めて、タイガースの4番として試合に出続ける。
 それが、金本の覚悟。

 「選手だけでも勝つつもりでやる。」という一連の言動からも、ここでは退けない。
 痛む右肩をおしての決勝2ランは、金本の応えだった。
 ただ、救いは前回の広島の片手打ちのHRではなく、しっかり両手で振り切ったHRだったこと。
 少しでも右肩の痛みが消えて、快方に向っているのならありがたい。
 紛れもなく、金本はタイガースの心棒であるのだから。
 
 そして、寅吉は金本の出す答えを黙って見守るしかない。心から応援をしながら・・・。

 ぐぁんばれ!金本
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。