CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−3 対読売 木村拓也追悼試合 | main | 3―8 対東京ヤクルト 愚痴ってもいいですか >>
5−8 対読売 打ち負ける
 やはり、ノーガードで打ち合っちゃ、まずいか・・・・。
 今季初先発の小嶋は、立ち上がりから4失点。
 点を取られた後のピッチングは見るべきものがあっただけに、その後の満塁のチャンスで代打を送られたことが残念。
 どうせ、打ち合いに持ちこむのなら、このチャンスを捨てる気で代打を送らず続投させてきるのも面白かったと思う。
 案外、その後ピッタと抑えることも考えられる兆しがあっただけに残念。

 なんか、1回に点をまとめて取ってあとは、知らん顔っていうスタイルが続いている。
 今日も一挙4点を返したら、そっれきりだもの。
 まぁ、チャンスで一発が出なけりゃ点が入らないチームだからしょうがなのか・・・。
 1点を取りに行くのが苦手なチームになっているからなぁ。

 読売が原から堀内に代わったときのGとよく似ている気がする。
 取るときは大量点だが、1発がでないと点が入らない。 
 結局、小技のチームを苦手とし、接戦に弱い。

 これで5割を割って、スタートダッシュも不発に終わった。
 ここいらでもう一度足元を見つめなおし、戦略の建て直しが必要。
 なんせ、小嶋登録で狩野を抹消してしまたチームだから・・・。
 これで矢野は、ベンチ固定。代打にも使えない。
 これでいいんだろうか?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。