CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3―1 対中日 大和、走る | main | 9―3 対東京ヤクルト フジテレビONEでワンダフル >>
5―8 対中日 安藤に安堵なし
 初回の3点で退勢が決した試合。
 確かに、今季のタイガースにとっては、序盤の3点はそれど大きな差ではない。
 しかし、それが開幕を委ね、仮にもエースの位置づけを与えようとしたPが失った点が大きい。しかも、これで何度目のことなんか?

 ここまでくれば、ローテに加えて、順番どおりに先発を任せるベンチワークの問題だとも言える。
 安藤が不調なら、早くし落として、ミニキャンプでも張らしたらどうだ。
 スタンリッジでも先発を試す方が良いと思うし、下で好調なPを挙げるのもいい。
 先のナゴドでの3タテを、返すことのできすチャンス。
 今日は中日の先発を見ても、是が非でも勝っていかなくてはいけに試合。
 それ故の安藤の先発であるとしたら、見誤った首脳陣の落ち度に他ならない。
昔、中込が急な減量で、球威もスタミナも失ってしまったことが頭を過ぎる。
 それほど、良いところがなかった。

 今日も、中日の山内に、プロ初勝利を献上。
 相変わらずの御人好し打線。
 伊藤についで、中日の若手にまたも初勝利を与えてしまった。
 一度、初勝利を挙げた球団の統計を取るといい。
 きっと、タイガースが一番多いよ。

 さて、終盤鳥谷の満塁弾で試合にはしたが、内容は一方的なもの。
 こうしている間に、Gは確実にCを3タテして、抜け出そうとしている。
 一度安藤を下に落として、ローテを再編しないと、追いつけなくなる。
 能見を軸にして、ローテを考え直して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。