CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―6 対中日 いつものGWがやってきた? | main | 10―6 対広島 右のラインバック マートン >>
9―1 対中日 今日勝ってこそのGW
 やっとナゴドで1勝を挙げる。
 ここまで5連敗、せっかくのGW連勝も止められ、G3タテの偉業も失う寸前。
 最後の1戦をなんとか、物にして、GWが久々にGOOD WEEKになった。
 6勝2敗1雨。
 近年にない好成績だ。

 試合は、初回からチェンを攻めて、まぁD側のミスもあったんだけど、無死満塁。
 ここで4番の新井がボテボテの内野ゴロで、1点先取。
 その後の、1死満塁を物に出来ず、やな雰囲気を残すが、これをマートンが1発で救う。
 これも無死からヒットで出た藤川俊を2塁においての2ランだけに上園には心強かっただろう。
 
 すぐに和田にHRで1点を返されるが、この回の先頭だったのが救い。
 ランナーをおいて、森野、和田には廻したくない。ここを分断し、打たれても1点という状況で勝負することが肝要。
 そういう意味で、結果的に上園はうまくDのクリーンナップの分断に成功していた。まぁ、それが5回を1失点で乗り切った理由だろう。
 今季のDは、井端も欠いているし、このクリーンナップしか得点源はない。それが、強みであり、逆に弱みでも有る。
 ここさえ抑えれば、こっちは攻撃に専念できるって言うもんだ。

 追加点は、この3連戦、谷繁に翻弄しまくられた新井の一撃。
 目の前で、半ば鳥谷を敬遠されての勝負だけに、この一撃の意味は大きい。 
 新井が4番の意地で、谷繁に一矢報いた場面だった。
 効果的な追加点は、ナゴドの呪縛を解くのに充分だった。あとは、Dの負けパターン継投の隙を突いて着実に追加点を挙げ、9対1の快勝で今季のナゴド初勝利となった。

 今日は、ディフェンスもよかった。
 大和が対チェンの破動砲を持っている為、セカンドで2番。藤川俊が昨日のご褒美で今日もレフトで8番。
 こうなると、守備に関しては大分落ち着くとねぇ。
 欲を言えば、マートンがレフトで、センターに平野を置いて、ライト藤川俊っていう守備固めの布陣を終盤に敷いても良かったんでは・・・。
 そうすれば、Dに見劣りしない外野布陣となると思うんだけどね。
 いずれ、交流戦ではDHもあるから、そういう外野のバリエーションもありえるかもしれん。

 さて、明後日からのカープ戦を最後に交流戦に突入することになる。
 交流戦は2試合づつの対戦だけに、戦い方は難しい。
 カープ戦をしかっり勝ち越して、交流戦に入りたいもんだ。
 3戦目の先発は、誰なんだろう。
 誰か上げてくるんかいな。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。