CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5x―4 対千葉ロッテ 危なかったぞ!新井の暴走 | main | 1―3 対埼玉西武 苦手は、いつまでも苦手のままで >>
8―0 対千葉ロッテ 雨にも負けず・・・・
 スタンリッジが後が無い登板で、結果を出した。
 それは、初回から4点をおらうという大量援護によるものなのか、徐々にエンジンがかかってきたと言うことなのか、次の登板を待たなくてはいけない。

 初回の攻撃は見事。
 マートンは打順が3番になっても、変わらず、しっかり広角に打ち分ける。
 新井は、どんなに汚いヒットでも、結果がでることが大事だ。 
 ブラゼルの一撃が、先発の小野を文字通りKOしたところで、勝負が見えた。ほんと、ブラゼルの一撃に襲われたらPは、たまったもんじゃないよね。
 小野は今日が復帰戦だけに、不運極まりないよね。メンゴ。
 後はトリのラッキーな内野安打のタイムリー、桜井のタイムリーと続き、一挙の4点。

 普段はこれで、2回以降はピタッと止まるのだが、今日は違った。
 2回も藤川俊の2ベースから、新井のタイムリーまで続き、2点追加。
 藤川俊もだんだんプロのスピードに馴れてきた。こういう若い芽がでて、芽吹くのは見ていて気持ちいい。がんばれ!
 4回もブラゼルと城島がタイムリーで2点追加。
 雨で試合成立までに、しっかりとリードを取ることが大事な状況に、グッド・ジョブだった。

 この4回でトリが交代。
 う〜ん、なんかあるよね。
 例のマートンと交錯して、首を打ってから、調子が下向きであったのと、関係あるか?ムチ打ち状態となっているのか?
 いずれにしても、頑強なトリが交代するのは、心配だ。
 大和が、ショートでいい動きを見せていたが、打力を考えるとトリは、欠かせぬ戦力だ。
 毎年、故障や体調不良をおして、試合に出続け、その間の打撃の不調が3割を阻むことになる。
 今年は、そうならないことを祈るのみだ。

 さぁ、今日の予備日に試合をすることになたので、明日からすぐに、パの首位・ライオンズを迎え撃たなくてはならない。
 これで、交流戦も一巡。
 借金は「2」。
 できれば連勝で5割に戻したいところ。
 強敵ではあるけど、いい意味で裏切って欲しいよね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。