CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3―2 対北海道日本ハム 大和のバントヒット | main | 7―3 対東北楽天 「カワギッシの屈辱」を晴らす >>
2―3x 対東北楽天 気迫・気合で負けてる
 9回の川岸の力投。
 代打・桧山は敬遠の指示だったと言う。これを「勝負させてくれ!」と言って、三振に抑えた。
 9回の裏、渡辺からセンター前へ抜ける、執念の一打の鉄平。
 彼らに対抗すべき気構えを持った選手は、残念ながらタイガースのベンチにはいなかった。

 先発のラズナーだって、それほどいいPではない。
 他球団は良く打っているし、スタンリッジがそこそこ抑えてくれれば、有利となる試合のはずだった。
 スタンリッジは好投したが、打線が金本の1発以外は、ものの見事な淡白さ。
 塁に出ようとか、ランナーを進めようとか、何にも考えず凡打を繰り返しているように見える。

 タイガースは、他球団がいとも簡単に攻略しているPを苦手にしてしまったりすることが良くある。
 それは今日のような淡白の連鎖反応から来るものなのだろうか。
 もっと、気迫とか気合を表に出す選手がいてもいい。
 城島はそういうムードを持っているのだが、現状リードで手一杯か、元気がない。
 マートンは良くやっているが、どちらかというと真面目なタイプで、闘志溌剌タイプではない。
 ブラゼルが唯一、闘志を表に出しうるタイプかな。

 そんな、タイガースだからこういう接戦には分が悪い。
 こういう試合を制するのは、「どうしても勝つんだ!」という精神論とも言える、気合だとか気迫に勝る者なんだ。
 今日は、そういう意味で楽天に完敗。
 嫌な負け方・・・、明日に引きずりそうな負け方だ。
 今一度、闘志を掻き立て、立ち上がるしかない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。