CALENDER
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―3x 対東北楽天 気迫・気合で負けてる | main | 6―2 対オリックス 打倒!岡田 >>
7―3 対東北楽天 「カワギッシの屈辱」を晴らす
 昨日の気迫全開の川岸のヒーローインタビュー。
 言わんでいいことまで言ってしまったようだ。「敬遠のサインを、勝負させてくれと言った。」とかで、桧山を抑えヒーローになった。
 本人は、アドネラニン出まくりで、興奮してのインタビューだからしょうがなかったのかも知れんが、これを聞かされたタイガースナインはたまったもんじゃない。
 「この屈辱を、今日の試合で晴らさでおくべきか。」こう思ったに違いない。

 今日の試合は、昨日と一緒。
 ポンと点を取ったタイガースは、その後は例の淡々ムードで回が進む。
 イーグルスは、ひつこく食い下がり、終盤で追いつくという展開に持ち込んだ。
 8回の表にタイガースが、1死満塁のチャンスを、例によって「満塁嫌い症候群」で無得点に終わると、その裏、昨日のヒーローの鉄平が再びタイムリーで逆転。
 ここまでは、完璧なイーグルスペース。
 こりゃ、連敗するな。っと思って不思議じゃなかった。

 ところが、最終回の抑えのマウンドに、川岸が上がると、違った。
 それまで、闘志の欠片も見せることのなかった、タイガースナインに闘志の火をつけた格好になった。
 粘って四球を選んだトリに代走の大和を送る。
 この大和が、昨日の川岸に対抗するような気迫・気力を見せる盗塁を果敢に決める。
 この場面で盗塁することができた大和は、完全に一皮向けた。もう、押しもおされぬ1軍の戦力となった。

 この後、平野のバントが、内野安打となる。
 この平野が、すぐに盗塁しないのが不満。
 無死1,2塁で井、2塁間を広く開ける効用はあるのは分かるが、まずゲッツーをなくし、逆転のランナーを得点圏に送り、プレッシャーをかける効用のほうがはるかに大きいと思うのだが・・・。
 よほど、平野の盗塁技術を疑われているのではないだろうか。ちょっと、もどかしい思いがする。

 マートンが倒れるが、金本がライト前に同点タイムリー。
 新井が犠牲フライで逆転。
 ブラゼルがあわやフェンスオーバーのシングルヒットの後、ランナー一掃の3ランを城島が放つ。
 昨日のヒーロー川岸が木っ端微塵に砕け散った。
 この攻撃は、すべからく昨日の川岸本人のヒーローインタビューに起因している。
 まさに、天国から地獄の2日間だったろう。

 これで、北海道・仙台の北の遠征を3勝1敗で乗り切った。
 後は、甲子園でオリックス・ソフトバンクと4連戦。
 ここも勝ち越して乗り切りたいよね。
 なんとか、交流戦を5割で乗り切りたい。
 そのためには、岡田さんに借りを返さんとね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。