CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3―3 対福岡ソフトバンク 信頼なき戦いの末、引き分け | main | 8―4 対埼玉西武 石井一をKOで溜飲を下げる >>
1―2x 対埼玉西武 球児を余して負ける
 真弓さんに質問があります。
 9回の裏は、何故球児ではなかったんでしょうか?
 先のホークス戦の8回に、いきなり球児を投入なさいましたが、あの時の状況との違いをお教え願いたい。
 まさか、あの試合で渡辺が好投したもんだから、球児と渡辺の序列が変わったってことはないはずだが・・・。
 
 9回の裏を抑えんと、延長戦には進めない。
 タイガースが勝つためには、ここを抑えて、次に回に進むしかない場面。
 こういう状況では、いいPから順に投げさすんのがセオリーとちゃうんか?
 先のホークス戦での渡辺の好投が、真弓監督に変な欲を出させた。
 この辺のブレ方が、真弓スタイルってことなんかなぁ。
 まぁ、これでまた当分渡辺は信用されへんやろ。それも、真弓スタイルやからね。

 まぁ、今日の試合は外野の守備力。
 片岡の同点タイムリーだって、上手い外野手なら捕っているだろうし、普通の外野手なら3ベースには、しない。
 最後のサヨナラ打だって、ホームで刺せるやろ、普通に。まぁ、マートンの打撃の貢献を考えれば・・・。だけど、桜井はもっと打たにゃ、あの守備で使う意味があらへんよ。
 この辺がタイガースの弱さやね。
 涌井の先発で、点が取れんと予想できてるんやから、あの恐怖の外野スタメン、レフト・林、センター・マートン、ライト・桜井ってのは勘弁して欲しい。
 3人が猛打賞もんの活躍でもせんと、割りに合わしませんわ。
 最後の布陣、レフト・マートン、センター・平野、ライト・藤川俊で最初から行った方が、守り勝つ姿勢がでて良かったんじゃないか。
 逆にフォッサムが不調で先制を許すようなら、打撃優先布陣に代えていけば良いのだから。

 まぁ、相手はパの首位で、交流戦も首位。
 大いなる目標があり、負けられない意識が高く。しかもエース・涌井の好投になんとか勝ちをとの執念で向ってくる。
 これに、バラバラのブレまくりのチームが勝てるわけがない。
 交流戦5割の目標も、遠くなり、Gも遠くに行ってしまった。
 あとは、何を目標にするんですか?真弓さん。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。