CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 2―4 対東京ヤクルト 下手な審判には、2軍落ちを | main | 燕に揉まれてる間に、足を揉まれに行っていた >>
4―8 対東京ヤクルト 犬に咬まれる虎
 しかし、関東連合と言われるS相手に負け越してしまうとは・・・・・。
 もうひとつのBSのも五分に戦われているし、Gの犬と言われる関東連合によく咬みつかれる。

 今日の収穫って言うか見所は、横山の初登板。
 わずか4球ではあったが、寅吉はエモやんを思い出したよ。
 小林繁さんが来る前のタイガースの柱。あの江夏さんとのトレードで野村南海からやってきた、細身の長身投手。
 その投げるフォームとボールの軌跡がよく似ている。
 西村をリードされてる場面で使うなら、横山をもっと前から投げさせておけばよかったのに・・・。
 そう思わせる、プロ入り初登板だった。

 今年のタイガースが、勢いに乗り切れない原因のひとつが今日のような試合で、フォッサムのようなPが先発しなくてはならないこと。
 彼は、緩急が武器のはずだが、緩い球を投げる時、フォームも一緒に緩むから、緩い球が来ることが丸分かりで、全然武器にならない。
 一度対戦すれば、その緩い球を待ち構えて、狙い撃ちされてしまう。
 ストレートのスピードとキレが大幅に向上しない限り、活躍は難しいと思うのだが・・・。

 この3連戦の前、「一気に行きたいと思います。」と大言壮語を放った真弓監督の思惑はどこにあったのだろう。
 本来、一気に行くような場面には、必ずラッキーボーイと呼ばれる存在か、想定外の戦力の出現があるものだが、いまのところタイガースにはそういう存在は見当たらない。
 例えばだ、今日の横山が先発し、いきなり完投勝利を挙げ、しばらく連勝してしまうとか。
 もっとも、そういう使い方もしていないので、望むほうが無理なのだが・・・・。

 結局、その場の思い付きでの大言壮語であったと思うんだよね。
 役割分担の不明確な中継ぎは、勝っても負けてもの登板で、序盤の久保田、先の渡辺、ここへ来ての西村と疲弊させてしまっている。 
 江草なんかも、役割がわかんないまま、不調のレッテルで2軍落ちだ。
 筒井もついに自信喪失、一昨年の筒井に戻っちゃった。
 完全な、中継ぎ崩壊。

 ただでさえ、先発が心もとない状態に、中継ぎが崩壊して、よく「一気に行きたい。」なんて言えたもんだ。
 その実態が、5位のスワローズに負け越すという結果に他ならない。
 久保が投げる試合以外は、レベル的にSとBSと同じちゅうこっちゃ。
 次の中日戦をどう、乗り切るかを考えた方がいい。
 「一気に行くなんて考えず、まずは目の前の戦いに全力を尽くす。」っていうことだな。
 早いとこ、役割くらいは、明確にしてやらんと、選手が困っとるでぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。