CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6―1 対東京ヤクルト G戦後の初戦に勝利する | main | 6―10 対東京ヤクルト 最悪のシナリオ >>
3―2 対東京ヤクルト セッキーの結婚祝いは・・・
 下柳の結婚発表後の初勝利を祝ったのは、セッキーの代打HR。
 しかも、6回を2失点で投げきった後の打席での代打指名がセッキーだった。
 ここで、セッキーの一発がなければ、下柳の結婚後の初勝利は、さらに先に延びたわけだ。
 聞けばセッキーは、下柳への結婚祝いをまだ贈ってなかったという。(本人談・笑)
 この一撃が、何にも増しての結婚祝いとなったことだろう。

 キャンプ中継で解説の広沢氏が言っていた。
 タイガースで一番勝負強いのが関本。短期決戦で一番力を発揮するタイプだと。
 まさに、このところの代打での活躍はそれを裏付けるものが有る。
 代打での連続打席出塁の日本記録にあとひとつで並ぶと言う。セッキーには是非、日本記録を更新してもらいたいもんだね。
 勝負強く、選球眼もよく、小技もできる。セッキーの出番が少なく、寂しい思いをしていたし、本人も辛い状態だったに違いない。
 それに耐えて、訪れたチャンスに結果を残す、まさに仕事人のセッキーに、ひとつくらいご褒美の勲章があってもいいでしょう。

 対照的に、8回に代打・起用された林。
 将来のクリーンナップを嘱望されていた林は、今も併用・控え・代打に甘んじている。
 この打席、優位に進めてカウントは1ストライク、2ボールでの場面。
 ここで、外の高めのボール球に手を出し、ファールで2ストライク、2ボールとなってしまった。
 結局、次の外角低目への際どいボールにハーフスイングを取られて三振してしまう。
 5球目のボール球に手を出さなければ、1ストライク3ボールとなり、追い込まれたピッチャーに対し、ストライクゾーンを狭くして待つことができ、際どい球にハーフスイングなどすることもなく、見逃せただろうし、甘い球を思い切り叩くことも出来ただろう。
 あそこで、ボール球に手をだすことが、林の甘さ。
 ああいうことをしていると、所詮「台湾の4番」「未完の大器」と呼ばれるだけで終わってしまう。
 もったいない。

 これで、スワローズに勝ち越し。
 欲を言えば、明日安藤で3タテして勢いに乗りたい。
 オールスターまでの連戦で、いくつ貯金を延ばせるかで後半戦の展望が開ける。
 スタンリッジの代わりのメッセンジャーも試さなくてはならないし、出来るだけ貯金をしておきたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。