CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 7―3 対横浜 前半戦の天王山に向う | main | 1―3 対東京ヤクルト タンタン、淡白総理大臣 >>
6―7 対読売 激しく、悔しい
 なんで同じバッターに何度もやられるのだろう。
 敵は、ローテを崩して、東野をぶつけてきた。対中日の3連敗と引き換えに・・・。
 ここで、タイガースが勝利すれば、Gのダメージは底知れない。
 タイガースもスタンリッジが好投し、2点を先行されるも、すぐ逆転。
 このまま逃げ切りを図りたいところだった。

 逃げ切る時の態勢。勝利の方程式。
 すべてをつぎ込んで、7回からを戦う選択肢はなかったか?
 Pを一番調子のいい中継ぎへ代える。例えば渡辺かた高橋由のところで藤原、8回を久保田というような構想を出来なかったか?
 守備は藤川俊がレフトに入ったが、ライトではなかったか?
 ファーストもブラゼルからセッキーに代えてもよかったんじゃないか?
 こうして、絶対逃げ切る、守りきるという姿勢を見せるべきところじゃなかったか。

 結局同点に追いつかれて8回裏。
 平野・新井がでて、1死1,2塁。
 この打席があるから、代えられなかったんだろうけどブラゼル。
 でもPが山口だっただけに、セッキーを入れていれば、久保の投入が早まって、どうだったんだろうか?
 しかし、ここで、ブラゼルに一打が出て勝ち越し、続く城島が併殺でこの回が終了してしまったら、そうしたのだろう?
 9回は球児だけに、裏の攻撃がなくなる、金本を使わずに試合が終わる可能性があった。
 まさか、9回の守りにつかせたのだろうか?

 この、どうしても使わなければいけない選手がいる窮屈さが確かに有る。
 その打撃に期待と言うより、どうしても記録の為、出場しなくてはならない。連続試合出場の記録を継続させなくてはいけない。
 これって、なんか矛盾している。
 成績がよく、出場し続けた結果としての記録ではなく、はなから衣笠選手の記録を抜く為に、無理やり出場させ続ける。
 逆に言えば、そういう配慮さえしてもらえれば、誰でも連続試合出場の記録を作るチャンスがあるってことなんだ。
 まぁ、それまでの金本の残してきた実績があるからこそ、そういう配慮をしてもらえるものだとはわかっているが、なんか腑に落ちない。
 あの場面だって、結局無得点で、9回の裏の攻撃があり、金本を代打でだせることを喜んだ人間がいたんだと思う。
 チームの勝利より優先されるって、そんなこと喜んでよいのだろうか。
 寅吉的には、あそこで決めてもらいたかった。
 やはり、勝利優先である強い意志を見たかった気がする。

 天気がおもわしくなく、この3連戦はいくつできるか不明なこともあり、今日の試合は絶対に取りたかった。
 8勝4敗が、9勝4敗になるのと、8勝5敗になるにのでは、なんかイメージ的に苦手意識が薄れていく気がしてよくない。
 もう1試合、確実に勝っておかないと、後半戦の戦いに影響が出てくる。
 内海が、ゴンザレスがなんて言ってられない。打ち勝つのみだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。