CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5―5 対中日 安藤、奇跡の脱出劇 | main | 2―6 対読売 流れを手放す試合をしちまった・・・ >>
8―7 対中日 ゲームプラン無き戦いを制す
 これで、対中日の対戦成績が五分になった。
 ようやく、最初のナゴドで喰らった3タテを清算できたってことだ。それでも次のナゴドで最低勝ち越さないと、本当の意味での清算にはならないか。
 まぁ、ロードへ出る前の最後の一戦を何とか勝利し、首位を守ったのは良かった。

 下柳は、8月の勝利が少ない。
 8月には入ると、ピタッと勝てなくなるPだ。
 それは、今日の立ち上がりを見ても分かる。何故か球は高く、慎重に立ち上がっているように見えるが、それがダルそうに映る。
 今日も初回にHR2本で3失点。1点を返してもらった、2回にもHRで失点。
 結局、降板した6回までに4本のHRで5失点だ。
 それでも3回から、森野に2本目のHRを喰らう6回までほぼ完璧と言ったピッチングを見せたのは、ひと汗かいて体にキレが出てきたからなのだろうか?
 だとすれば、試合前の準備の工夫で今後の立ち上がりを改善できそうだが・・・。

 それにしても、今日もチグハグな采配が目に付く。
 初回にトリのヒットの後、平野に送りバントのサイン。って3点差だよ。
 今日の下柳の立ち上がりから、1点づつなんて言ってられん展開でしょ。
 率のいい平野は、送りバントが上手いとは言えないし、逆にバントサインで萎縮させ、その後のバッティングを狂わせた。
 相手のPの岩田がアップアップの状態だけに、もったいなかった。
 これが無ければ、初回で岩田を潰していたかも知れん。

 それと、8回の久保田。
 久保田の起用を言っているんじゃない。
 久保田の登板とレフトの守備固めを同時にするなら、久保田を6番に、9番にレフトの藤川俊を入れるべき。
 百歩譲って、この回を久保田が抑えて、裏に廻る打順で代打をと考えていたなら、久保田を諦めて、球児を投入する時点で、球児を5番のブラゼルのところ。9番にファーストでセッキーを入れるべきだろう。
 そのまま球児を、打順が絶対に回る裏の攻撃の9番に入れたことで、球児に代打と言う手は打てない。
 その危惧がそのまま8回裏の攻撃に出た。
 球児が四球を選んだからとか結果論を言っているのではない。
 むしろ、9回のピッチングを残してランナーとして塁に出る危険性を考えて欲しいと言っている。
 9回に球児にもしものことがあるとすれば、8回裏の出塁が原因となるかもしれない。
 むしろ、そうなりかけていたのが事実だ。

 ベンチワークのミスを選手が必死にカバーしてきたのが、ここまでのタイガースの戦いだ。
 もうそろそろ、ベンチも学習してくれないと・・・。
 来週は、ロードでいきなりのGとDとの6連戦。
 代走の出し忘れや、だいだのを余したり、守備固めの布陣を間違えたりしていたら、それが命取りになる。
 ベンチと選手が一体になってこそ、道は開けるのだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。