CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8―7 対中日 ゲームプラン無き戦いを制す | main | 8―4 対読売 平野でもHRが打てる東京ドーム >>
2―6 対読売 流れを手放す試合をしちまった・・・
 初回、トリが内野安打で出塁。
 故障明けのグライジンガーは、立ち上がり不安が一杯。そのPが一番落ち着くのが最初のアウトを取ることだ。
 まぁ、それをコチラから送りバントという形で献上してやるんだから、グライジンガーは随分助かっただろう。
 
 そのグライジンガーがブラゼルの打球をスネにあて降板。
 これを、普通の調子ならタイガースの天敵であるグラうジンガーの降板がツキがあると見るか、攻略できそうな状態のグライジンガーが降板したことがツキがないとおもうかは、その後の攻撃に懸かっていた。
 緊急登板の野間口を攻略し、一気に突き放せばタイガースの流れとなる。
 その野間口を、チャンスは作れど、悪運が尽いている野間口から得点を挙げられない。
 この野間口を5回まで持たせてしまったことで、この試合の流れがGにいってしまった。

 ただ、初回のバントこそがタイガースが流れを手放す最初の要因だった。
 東京ドームのG戦で、1点の先制がどれほどの意味をもつのか?
 実際タイガースだって、小笠原のHRでの1点を先制されても、さほどの焦りは無かったはずだ。
 それより、再三のチャンスを潰すうちに、取られた2点の追加点のほうがはるかに痛かった。
 それを、タイガースは初回から出来るチャンスに、送りバントで手放した。
 この送りバントで、得点に結びつく確率はどれほどのものだろうか。
 その成功率と合わせて再考したほうがいい。

 結局、潰せそうで潰せない野間口を持たせた故、Gのペースで試合を運ばれた。
 投手起用も含めて後手に廻ったタイガースは、8回に阿部に決定的な3ランを献上。
 勝負あった。
 この辺が、タイガースベンチの甘さなんだよね。
 阿部まで廻さんでよいのに、ランナーを気にしすぎて、相手の術中に陥っていく。
 「飛んで火に入る夏の虫」ならぬ、「夏の虎」状態だ。

 今日の試合は、この3連戦の流れを左右する大事な一戦だった。
 故障明けのグライジンガーを立てなければいけなかったGの台所も、明日、明後日は、内海・東野と揃っている。
 対してタイガースは、メッセンジャーと中5日で久保というローテらしい。
 本来は、今日を勝って、3戦目は久保でなく、ローテを崩さない余裕を見せるべきところ。
 だが、今日の一戦でそうも言っていられない。
 3タテされる危険性も大きくなった。それほどの今日の試合だった。
 これも、前の甲子園の一戦で負けたのが大きかったかなぁ。
 あの一戦、Gにタイガースに対する苦手意識を持たせるか、逆に逆襲の手ごたえを感じさせるかの分かれ目だった。
 それが、今日の一戦に繋がり、今後の対戦の流れを左右してきそうな予感がする。

 それを払拭する為には、明日いい形でタイガースらしい勝ち方をするしかない。
 メッセンジャーは不安一杯だけど・・・・・。
 なんとか、頼むぞ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。