CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―6 対読売 流れを手放す試合をしちまった・・・ | main | 1―9 対読売 だから、久保じゃないって言っているのに >>
8―4 対読売 平野でもHRが打てる東京ドーム
 昨日とは逆に、チャンスをものにできた一戦。
 対するGは、昨日のタイガースの如く、ヒットはでるが攻めきれない。坂本のボーンヘッドなどあり先発のメッセンジャーが7回まで投げることになった。
 メッセンジャーは、日本の野球ではいかに丁寧に低目へ投げるかをよく学習している。元々球威はあるから、高めに浮かなければさこそこ投げられる。先発転向が功を奏した。

 さて、結果駄目押しとなった平野のHR。
 本人は冗談で、オールスターの時にHRを狙うと言っていたように、首位打者争いをしながら今季のHRは0だった。
 その平野が、Gの2番手ロメロから、綺麗にドームランを放った。
 確かにジャストミートした打球ではあったが、決してオーバーフェンスというような当たりではなかった。(平野ゴメン)
 だが、ここ東京ドームでは、HRになってしまうから不思議や。
 平野だって、ここをホーム球場に試合したら、脇谷よりHRは打てるんと違うか?
 外野フライがHRになるんだから、率だってもっと上がっている。
 それ故、ここのHR数と甲子園を本拠地にしたHR数を同列には扱って欲しくはないわな。
 ブラゼルも、ラミレスに2本差つけられたからって、そんなに力むことはありゃしない。
 リアル・HR王は、甲子園をフランチャイズにしたブラゼルであることは揺らがないからね。

 さて、今日の試合の最後を締めくくった久保田。
 脇谷に2ランを喰らって失点を記録した。
 久保田のフォームに迫力が失せている。以前は、セミ・トルネードと言われたように、バックスクリーン側に捻りを少々加えながら、これを解く力を利しての投球に見えた。
 今は、どちらかと言うと上へと伸び上がるかのような、捻りより上下の運動により投球している。
 これでは、打者からも見やすく、あわせ易い。
 なまじスピードがあるゆえ、あわせられるとよく飛ぶ。
 以前なら、その球威で押し返した投球が、捻りの力が無くなっている為に、きれいにはじき返される。
 これが、現状の久保田じゃないだろうか。
 セミ・トルネードが出来なくなたった訳はわからんが、今一度その球威を取り戻さんと復活は無いんじゃないだろうか。

 さて、これで1勝1敗。
 勝ち越すにこしたことは無いのだけど、3タテを喰らわなければいい状況。
 明日無理して久保で行くより、ローテを崩さない余裕を見せるべきと違うかなぁ。
 このところ当番の無い若竹の奇襲先発とか、2軍から小嶋を急遽上げてきて先発させるとかも面白いと思うのだけど・・・。
 GとD、どちらに勝っても1勝は1勝なのだから。
 それでも、やっぱり勝って欲しいんだけどね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。