CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 9−6 対東京ヤクルト ロード初の勝ち越しを決める | main | 11−2 対横浜 甦る、ダイナマイト打線 >>
12−8 対横浜 HAPPY BIRTHDAY FUJISYUN
 プロ入り第1号のホームランが、自分の誕生日に飛び出た。
 それも、1点を勝ち越した後、城島を敬遠された場面。ここでダメを押した貴重な一発だ。
 
 今日の打席、一歩間違えれば、浅井も控えていたので、セッキーを代打に出されても不思議じゃない場面。
 誕生日だから、打席を与えてくれるほど、プロは甘くない。
 打席に入った、藤川俊の構えを見てわかった。
 バットを振れるようになっている。
 シーズン当初は、どちらかというとコンパクトにミートしていく打撃に見えた。構えもそれなりにこじんまりと、どこからでもバットを出せるように考えた構えだった。
 それが、今日の打席に入ったとき、まるで新井の構えを真似たような大きな構えに、「さぁ、いらっしゃい。」とでも言うようにゆったりバットを構えている。
 プロの1軍で開幕からベンチ入りしながら、少しずつ自信をつけ、力をつけて、バットを振ることができるようになった。そういう証の構えだったに違いない。
 おめでとう!そして、グッド・ジョブ、フジシュン。

 しかし、こういうどつきあいには、負けられないよね。
 清水もメッセンジャーも調子が悪く、序盤から打ち合いの様相を呈した試合だった。
 まぁ、真弓監督特有の、次の回に打席が回るから、とりあえず続投的な采配で、窮地に陥った感はあるけど、よく選手たちが補ってくれた。
 このへんの見極めがちゃんとできないと、ベンチの仕事がなくなるんと違うか・・・・。
 少しは学習してほしいね。フジシュンを見習わないといかんぞ。

 今日の試合は、お互いオールド・ユニを着ての試合。
 タイガースは、黒(正確には濃紺)ユニの復刻版でプレー。
 当時の「ダイナマイト打線」を彷彿とさせるバッティングを見せた。
 でも、ストッキングは、ちゃんと見せるようなオールド・スタイルの着こなしをしないと、このユニの格好良さが伝わらんと違うか?
 マートン・平野・金本は、ストッキングを出したほうが絶対に似合うよ。
 金本なんて、“日光江戸村の忍者”かと思ったもの。なんとかして欲しい。

 さて、ロードの出だしの連敗を取り返すべく、今日で3連勝。
 まだまあ、借りは返さんといかんからね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。