CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3−8 対読売 有利と言われた対戦成績も五分になり | main | 4−5 対広島 黒虎の効力も消えうせる、愚かな采配 >>
0−3 対読売 こうなることは、わかっていたとはいえ・・・・
 小嶋だ、秋山だ、メッセンジャーの中四日だとか言われていたこの3連戦。
 Pが不足しているのは明明白白。
 超ラッキーな好投でもないと、3つとも持って行かれる危惧は大きかった。
 期待は、Dの投手陣に沈黙させられて、3タテを食らったGが、焦りからタイガースのPを打ちあぐねてくれること。
 それには、第1戦のPが、好投して焦りを誘発させなくてはいけない。
 それが小嶋が、逆に火をつけてしまい、初戦を失ったことでタイガースに焦りを生んでしまった。
 それが、Gの福田、朝井という裏ローテPを打ち崩せなかった要因になった。
 下柳が単に不調で2軍落ちしているのならもったいない。
 初戦は下柳で行くほうがよかった。2戦は秋山を試して、3戦目が鶴っていうのが、寅吉が考えていたローテだったんだがねぇ。

 まぁ、岩田・能見の2人を欠いて、ここでスタンリッジまで離脱したタイガースがよくやっているという見方もある。
 だが、Gだっってグライジンガーを故障で欠いて、クルーンも離脱が多く、松本も離脱が長かったが、個々の位置にいる。
 Dだって、要の井端を欠いているし、Pだって、やっと揃ったところだ。
 タイガースがとくやっているのか、逆に抜け出せるチャンスをものにできないベンチワークが問題か?
 寅吉は、後者であると思うんだが・・・・・。

 今日のゲームは、触れるのもつまらん。
 これで、対Gを負け越してしまった。救いは、残りの対戦がすべて甲子園ってことだけだな。
 きっと、最後で能見・岩田の復帰に期待しているのだろうけど、そうそううまくはいかないだろう。
 その辺の危機管理ができているとはいえない。
 久保一人でGとDと戦わなくてはならない。
 メッセンジャも当初の粘りがなくなっている。
 かなり苦しい台所だ。

 ロードの成績も折角五分に戻したのに、これで借金が「3」だ。
 DとGに各1回3タテ食らっているのを、ほか(横浜)で「3」埋め合わせしている。
 DとG以外の対戦を簡単には落とせない。
 来週は、まずSとの対戦だ。
 神宮のS戦は、このところいい思いがない。今年は引導を渡されることがないよう、心してかかれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。