CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 12−5 対東京ヤクルト まだまだ、終われない、虎の意地 | main | 10−3 対横浜 9月になれば、下柳 >>
13−1 対横浜 やはり、甲子園がいいやねぇ
 打線が爆発。
 久々の甲子園を懐かしむように、ブラゼルがHRで口火を切った。
 ヤクルト戦で最後に1発出て、吹っ切れたかな。
 ラミレスに差をつけられ、若干あせりもあったと思うが、それもあれで吹っ切れたって感じ。これから、また量産体制に入れるか。
 焦らずとも、東京Dを本拠地にするラミレスと甲子園のブラゼルでは、そのHR数のもつ意味合いは大違いであるとは誰もがわかっている。
 ブラゼルこそが、HRのKING of KING’Sであることは、万人が認めるところだ。

 でも今日の殊勲は、2回の裏の攻撃で、ヒットを放ち、Pまで打順を回した藤川俊だと思うぞ。
 これで、3回の攻撃がマートンから始まり、3得点に繋がった。
 ここをあっさり凡退して、3回がPから始まるのとは雲泥の違いだ。それほどの価値のあるヒットだ、グッド・ジョブ!

 まぁ、この前の3回の表の横浜の攻撃で、満塁でPに打順が回ってしまう不運があった後だけに裏の攻撃が1番から始まるっていうのが効果的だった。
 しかも、満塁でPの清水の打球をトリが見事なプレーでさばいて、ダブルプレーにし、一気にチェンジ。横浜の打順を1番に回さなかった。
 藤川俊のヒットと、このトリのプレーが、その後の一方的な展開を決定づけた。

 一つのヒット、ワンプレーがその後に大きな差を生む。
 他人のふり見て我がふり直せ。
 他山の石として心に刻んで、気を付けてもらいたい、。
 タイガースってよく、同じことしでかしてしまう傾向があるからね。

 それえも、甲子園に帰っての初戦を取れたのが大きい。
 もう、甲子園での 試合は、すべて勝つぐらいのつもりで行かんとイカンからなぁ。
 まして、下位チームとの試合は尚更落とせんよ。
 もう明日から9月。
 決戦の9月だ。ラストスパートの時期を迎えた。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。