CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−6 対読売 消化試合なのに ・・・・ | main | 0−3 対中日 「勝ちたいんや!」の気持ちに欠ける >>
4−2 対読売 新人王を捨てて勝つ
 この勝利に意味を持たせるとすれば、それは優勝するいかない。
 例えば秋山が7勝1敗で、タイガースが優勝したとすれば、秋山の新人王が現実味を帯びる。
 この、来季の新人王の権利を捨ててまで、今のタイガースの勝利に貢献したいという秋山の気持ちに応えるには、これしかないと思うのだ。

 読売との中日チャレンジカップに勝ち越すことができた。
 せめて前の横浜戦に勝ち越していれば、大きな意味を持つ勝利になったのだが、この読売3連戦は3タテを必要としていただけに、ちょっと残念だ。
 まぁ、タイガースの特質上、優勝争いのプレッシャーがきつくなると、勝てなくなり、諦めに近くなると息を吹き返す。
 つまり、緊迫した状態での勝負弱さっていうのがよくわかる。

 そのタイガース気質みたいのを一番表現しているのが4番新井だと思う。
 よく、喧嘩でも勝負が決した後に、最後の止めのケリえお入れる奴っていたでしょ。
 なんか、新井を見てると、そういう奴を思い浮かべる。
 決して勝負が緊迫している場面では、喧嘩には加わらない。
 それでもガタイが大きいから、なんとなく大将的な位置にいる奴。
 そのくせ、結構ビビリで、勝負が決するまで後ろにいて決して矢面には立たない。
 そういう奴。
 どちらかというと6番あたりを打っていると怖いのかもしれない。

 まぁ、今年の経験を糧に新井が真の4番ととして成長するか、6番打者に収まってしまうかは、本人次第だ。
 もっと、相手を見下ろして、ドンっと構えることができればいいのだけどねぇ・・・。
 まぁ、タイガースの4番は大変だよ。簡単には勤まらない。
 4番目の打者として徹底できれば、それも手だけどね。

 じゃ、誰が適任かというと、寅吉的には以前から言っているように鳥谷を推したい。
 今年初の3割を目指すバッティングは勝負強さを兼ね備えている。
 左で掛布ライクな打撃ができる鳥谷に適正を見るのだけどねぇ。
 3番新井、4番鳥谷っていうのも手だよ。

 あっ、いつのまにか来季の話していた。
 次のDとの3連戦が良くも悪くも最終決戦。
 最低でも勝ち越さないと、タイガースの今季も、秋山の新人王もない。
 プレッシャーに弱いとか、ナゴドが苦手とか言っても始まらない。
 開き直って、やるしかないのだから・・・。
 ただ、勝つことだけを考えて、やるしかないんだよ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。