CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−1x 対中日 減点パパの仕事を台無しに | main | 4−5 対読売 プロ野球の熱を冷ます下手な審判 >>
3x−2 対読売 良太、よくやった!
 能見が完璧なピッチング。
 完全にエース、セリーグを代表する左腕に上り詰めた感がある。
 そんな能見に勝ちを付けられなかったのは、ひとえに城島の不調だ。
 
 同転に追いつかれたラミレスへの攻め。
 城島のリードは同じ球を続ける。
 昨年から言われていた事だが、読売もラミレスもそれは頭に入って居た事だと思う。
 付け入る隙さえ与えなかった能見が招いた唯一のピンチ。逆に読売にとって唯一のチャンス。
 そこに賭けられ、それに嵌まってしまった。
 フォークの連投に、空振りをしながら、甘くなるのを待ったラミレスにやられた。

 さらに追加点を挙げ、1点リードの8回。
 コバヒロが2死からレフトへのポテンでだした紺田をワイルドピッチで得点圏に進めてしまった。
 これもこのところお馴染みになった城島のワンバンドを止めきれずに後ろにそらす、記録WPというパスボールだ。
 これで、亀井に長打警戒のピッチングから、単打も許されぬピッチングへと幅を狭くしたコバヒロが四球を与え、坂本へと打順を回す原因になたっといっていい。

 これで、同点になり、今日は同点で次の回もありそうなのに、球児の投入。
 なんで、こうも毎日方針が変わるのかね?
 それとも、この間は球児を休まそうとして、今日は久保田の番って言う訳じゃあるまいに。

 7回にブラゼルに代走出すのもいって遅い気がするし。
 ランナーに出た時点で代走をだしとかな。
 満塁で林の儀飛が出てからの思い出したような起用はなんだったのか?
 まぁ、ここで良太を使っておいたのが、最後のサヨナラに繋がったのだから・・・・・・。

 最後はセッキーの代打と、トリの選球が良太のヒーローを呼んだといっていい。
 山口は、トリの雰囲気が嫌だったのだろう。勝負にいきづらかったのだと思う。
 新井兄の打球を坂本が止めなければ、ホームでクロスプレーで試合終了だったかも知れない。
 それでも、最後にチャンスが回って、それをものにし、皆に喜ばれた。
 新井良太、タイガースの一員に名実共になった、快打だった。
 グッドジョブ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。