CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4xー3 対横浜 今度は、新井兄がやった! | main | 下町のエース 逝く >>
1−3 対横浜 お人好しは、またも初勝利を献上
 横浜・山本省吾の移籍初勝利。 
 なんか、タイガースが苦手にしそうな左腕だったこと。 
 同じ相手に何度もやられる事を趣味にするチームだけに、このPにきっとこれからも苦しめられるよ。

 まぁ、開幕以来1イニングで2点以上とれたのが、稀な状態が続く。
 ここまで、5割で来ているのも、すべて投手陣のおかげ。特に中継ぎ(KKK+ナベ)の酷使によるところが大きい。
 それも、ちょっと相手のPが良いと、打てないものだから、自ずと接戦になる。
 接戦になると、役割分担がはっきりしてないタイガースベンチは、すぐにKKKを投入したがる。
 これに批判が集まると、無理して他のPを使う。そうして失敗して、また元に戻ってKKK。

 やはり打線にてこ入れが必要と違うか。
 マートンの1番は、今年のバッティングスタイルからして合っていないように思う。
 平野の最初打てなかったから、「打ちたい、打ちたい」のダボハゼ病にかかっている。ここは、出塁だけを考える1番の方がいいんじゃないの。
 従って、
 1番 4平野 
 2番 8俊介
 3番 6鳥谷
 4番 5新井
 5番 3ブラゼル
 6番 9マートン
 7番 7林
 8番 2城島
 くらいの打線を組んだ方が有効に思える。
 それでも下位が粗っぽすぎる感があるんだけど。
 マートンが昨年の打撃を取り戻してくれないといかんよねぇ。今のバッティングが続くなら、休ませるのも一考だ。
 1番 8平野 
 2番 9俊介
 3番 6鳥谷
 4番 5新井
 5番 3ブラゼル
 6番 4関本
 7番 7林
 8番 2城島
 守備と現在の打撃の調子と繋がりを考えるとこの方がいい。

 しかし、3連戦の3戦目、カードの最後の試合が取れない。
 カードの最後は相手のPも落ちるので、先発が揃うタイガースにとっては、おいしい試合の部類なんだが・・・・・。
 横綱相撲が取れるだけの戦力を持ちながら、ビビリのベンチがいかしきれないという図式。
 去年と変わっちゃいないやね。
 ベンチが勉強せんと、変わらんと、ここ一番で強くはならんよねぇ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。