CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−2 対東京ヤクルト 4月を5割で終えて | main | 7−3 対読売 今甦る、クリーナップの3連発 >>
2−6 対東京ヤクルト 今日は打てん中止やなかったのか?
 昨日は投手リレーを褒めたけど、今日は?だったね。
 タイガースベンチにおいて渡辺はどういう位置におれているのか。
 寅吉的には、勝ち試合のリリーフの一人と思っているのだが、どうもタイガースベンチは便利使いできるPと思っているのかもしれない。
 そして、昨日締めた福原が、接戦でのリリーフに昇格を果たしたようだ。

 小嶋には、かなり辛抱をしながら、左のリリーフとしての位置づけを与えてきた。
 この辛抱強さは良しとしたいが、代わりに榎田は左の渡辺って感じで、便利使いなんだろうか?
 昨日の最後を締めた福原が連投にも関わらず、接戦でのリリーフ。しかも、昨日開いている渡辺より先に接戦での場面で起用される。
 確かに昨日、4点差をつけながら、久保田とコバヒロを使ったもんだから、今日は小嶋、福原でリードされている間は凌ぎたいという表れなんだろう。
 でもその福原は連投だし。渡辺は開いていたんだからなぁ・・・。
 
 こういう、ちょっと成功するとそれに頼る傾向のあるベンチだ。
 去年はそれで西村を便利使いし、潰した。渡辺も同じ扱い。
 それに懲りたのか、今年開幕早々登板過多との批判を気にしてか、ここにきて渡辺に気を使い、福原を便利使いにする。
 彼らの、本当の立ち位置はどうなんだ?
 そこをはきりしないと同じ過ちをまた繰り返すのと違うか?

 打線は新井以外が低調である。
 特にブラゼルがおかしい。HRが出ないいらだちが見て取れる。 
 自分が0本なのにSのバレンティンは8本も放っている。焦る気持ちは解らんじゃないが、ここは辛抱だ。
 来週の箱庭ドームでは、否応無しに1本や2本打は、入ってしまうはず。余分な力抜いて、適当にふれば軽くオーバーフェンスするでしょ。あそこは統一球なんて関係ない球場だからね。
 トリも得意にドームのG戦だから、調子を取り戻すにはもってこい。
 先の負け越しのリベンジを含めて、キッチリ勝たして」いただかんと。
 まぁ、年寄りには減灯ゲームになるだけに厳しいかもしれんが、そこは若手がカバーせんと移管からなぁ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。