CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−4 対千葉ロッテ 見ないでよかった〜・・・その2 | main | 2−1 対東北楽天 禍福は糾える縄のごとし >>
2−3x 対東北楽天 ファンに無礼な、ブレブレ真弓
 なんか、ファンを馬鹿にしてないかい?
 散々ぱら、ランナーが出れば決まって送りバント。回が浅いも深いもおかまい無し。
 そうかと思えば、一転エンドランやら強攻ばかりでゲッツーの山。
 批判が集まるたびに、方針を変えてばっかり。
 「守り勝つ野球」っていうのはどこへ行ったんやろねぇ。

 一つは能見の失点の場面。
 山崎への渾身の一球をボールと判定され四球で満塁となる。
 あそこは形だけでも審判に抗議せいや。
 「いやいや、監督さん、次をしっかり抑えるから無理せんでください。」
 と思って次の打者に向かうのと、
 「なんや、絶対ストライクやったのに、ベンチは放ったらかしかい?」
 って思って投げるのと、次の打者への投球のノリが違わんか?
 案の定、次の内村に初球を行かれてもうた。
 まぁ、あれで2人目を刺せない俊介も問題有りや。まぁ、相手もそれを解っているから突っ込ませているんやろうけどなぁ・・・・。

 そして9回のブラゼルの四球。
 あそこは代走でPにプレッシャーかけなあかんやろ。
 7回に良太に柴田を代走に無駄遣いするからイカン。
 良太は終盤、ブラゼルかわりにファーストの守備固めに入れるやろ。足だって兄貴程遅くないはずや。
 ここで、柴田をとっておけば、9回のブラゼルに代走で使って、そのまま外野に入る。良太がファーストという布陣を敷けるはずなんだがなぁ。

 そうだ、真弓監督がブレない事が2つだけあった。
 それは、どんなに負けていてもベンチではエヘラエヘラ笑顔を絶やさない事。
 そうして、もうひとつは、文句が言えない若手Pを徹底的に使い倒す事。
 榎田はある意味かわいそうな使われ方だ。
 勝っても、負けても、同点でも、おかまい無しに、毎日、イニング跨ぎも構わずに使われ続けている。
 去年の西村が同じ形だ。
 お陰で今年のベンチに西村の姿がない。
 今日の負けは、榎田にとって良かったかも知れない。
 少しでも、真弓から榎田依存症が薄れてくれれば、助かるんだけどねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。