CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−1 対東北楽天 禍福は糾える縄のごとし | main | 0−1 対北海道日本ハム 赤子の手を捻るように >>
0−5 対北海道日本ハム 真弓は休養させんだど・・・・・
 それは、休養などと生温い事でなく、バッサリ結論を出すってことでしょうか?坂井さん。
 もっとも、この監督を気に入って連れてきて、問題が多くても目を瞑って、更に2年の続投要請までしてくれたんやから、まぁ、一蓮托生、一心同体っていうのも頷けないわけじゃない。それは、連帯責任って言う面でそうあって欲しいものだ。
 選ばれた側も選んだ側も、相応の責任を取ってもらわな納得できんもんなぁ。
 真弓の首を切って、自らは辞任するっていうのが、本来の姿や。
 それをもって、休養をさせないっていうのなら納得しようじゃないか。
 これが、ただの責任逃れで、あわよくば成績が少しでも回復し、5割程度に戻ったら、よかった、よかったで延命しようっちゅう腹じゃないことを願うだけだね。

 さて、試合は投手戦だったが、8回に小嶋が招いた満塁のピンチに福原が登板。
 2死満塁で何故か前進守備を敷く外野陣。
 なんか、このチームって所構わず前進守備を敷くのが好きなんだよねぇ。誰の指示指示かは、わからないが、誰も異議を唱えないのだろうか。
 ポテンがそれほど怖いのか?
 ポテンで1点失うのと、頭越されて大量点いかれてしまうのと、どちらがこわいのだろう?
 この期に及んでは、1点も3点もかわらんとでも思っているのか?
 1点を惜しんで大量点を失うっていう光景は、もう何度も見させていただいた、。
 そのどれもが、今日のような意図の良く分からない前進守備だ。

 チームがバラバラになるって言うのは、こういうのを言うのだろう。
 なまじ戦力が充実しているだけに、そのギャップに目を覆わざる得ない。
 果たして、坂井オーナーは、いまのチームの現状をどう捉えているのだろうか?
 低迷の原因はどこにあると考えているのだろうか?
 それても、自己保身に汲々として、そんなことに考えが及んでないのだるか?
 だとしたら、かれもまたオーナー失格だ。南球団社長も同罪。
 この辺の意識を改革しないと、やはり暗黒に戻って行ってしまうんやろうなぁ。
 今日の試合でそう思ったわ。

 それでも、
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。